ロザリーナ、10月クールアニメ「歌舞伎町シャーロック」EDテーマに決定

アニメ・声優 公開日:2019/07/11 8
この記事を
クリップ

キュートなルックスとザラついた声。エッジの効いたサウンド。“忘れられない声”とその才能に触れた関係者・クリエイターたちが挙って絶賛するシンガーソングライター「ロザリーナ」。全国40を超えるラジオ局でのパワープレイやアニメの主題歌を次々と担当し、その他ドラマの主題歌など、数々のタイアップに抜擢されているほか、NHK「みんなのうた」にも登場が決定するなど、今注目が注がれている。

そんな彼女が2019年10月よりMBS、TBS、BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送開始となる「歌舞伎町シャーロック」のエンディングテーマを担当することが決定した。曲名は『百億光年』で、アニメの世界観を彩る壮大なバラード曲となっている。




このアニメはPSYCHO-PASS サイコパスなどのヒット作品の制作を手掛けたProduction I.GとKADOKAWAによるオリジナルテレビアニメーションであり、架空の街「新宿區歌舞伎町」が舞台として描かれる。監督は吉村愛。声優は小西克幸中村悠一をはじめ、豪華な顔ぶれが並んでいる。
早くもその楽曲が使用されたPV第三弾も発表されているので、ぜひこちらの動画をチェックしてみてほしい。
なお、『百億光年』の楽曲リリースは現状未定となっており、続報に期待だ。


©歌舞伎町シャーロック製作委員会



【番組情報】
歌舞伎町シャーロック
2019年10月より
MBS、TBS、BS -TBS“アニメイズム”枠にて放送開始
公式サイト:http://pipecat-kabukicho.jp/
Twitter :@pipecat_kabuki

<イントロダクション>
新宿區イーストサイド…混沌を極めたその街の中心には、ネオン瞬く歌舞伎町が広がっていた。光が強けりゃ影も濃い。悪人どもの潜む暗がりの、そのまた奥に探偵長屋の明かりが灯る。悪人どもの潜む暗がりの、そのまた奥に探偵長屋明か灯るハドソン夫人の営むその長屋は、なくて七癖、曲者ぞろい。野心満々のケッペキ探偵に、男を化かす姉妹探偵。はたまた刑事くずれのオッサン探偵がいるかと思えば、ヤクザを破門されたアンチャン探偵…そして真打は、落語をこよなく愛する天才探偵シャーロック・ホームズ。
切り裂きジャックによる猟奇殺人が起きたその夜、舞台の幕は上がった。
探偵どもの化かし合いを横糸に、シャーロック、ワトソン、モリアーティ、三つどもえの友情を縦糸に…
ミステリー?いやさコメディ?なんともはや、判別不能ドラマのはじまりはじまり~。

この記事の画像一覧 (全 2件)