Aqours斉藤朱夏 ソロデビューを発表、第一歩となるMV解禁

アニメ・声優 公開日:2019/06/12 8
この記事を
クリップ

ラブライブ!サンシャイン!!」の「渡辺 曜」役を務め、同作品のスクールアイドルグループAqoursとしても活動する斉藤朱夏が、SACRA MUSICより待望のソロデビューすることを発表した。

8月14日(水)に全6曲入りのソロデビューミニアルバム『くつひも』をリリースする事が決定している。この作品は、斉藤朱夏がソロとして歌う理由として『言葉と歌で、いつも応援し、支えてくれる「君」の背中を押してあげたい』という想いを元に作り上げたミニアルバムだ。

さらに本日、収録曲でもある、『あと1メートル』のMusic Videoが解禁となった。映像作家:高木聡(たかきさとし)が手掛けた本作は、あえて“決めない、笑わない、歌わない”という撮影コンセプトの元、今までの活動では見ることのなかった斉藤朱夏の表情や存在感、その瞬間の連続を見事に切り取り、物語の始まりを予感させるような内容になっている。




斉藤朱夏はソロデビューに対し、「『くつひも』はソロ活動の第一歩、これからの自分の物語に胸を膨らませています。歌を通して、誰かの支えになれたり、背中を押せる、そんなアーティストになりたいと思っています。」とコメントし、喜びを噛み締める共に、声優・ソロアーティスト2軸で活動する事への強い信念を言葉にした。

声優/歌手として次のステージに進む斉藤朱夏。これから大きく飛躍していくであろう、今後の活動から目が離せない。


斉藤朱夏 コメント>
応援してくださるファンの皆さま、家族、支えてくださるスタッフの皆さまのおかげで、こうしてソロデビューさせていただくことが決定しました。「くつひも」はソロ活動の第一歩、これからの自分の物語に胸を膨らませています。扉を開けた先にはどんな未来が待っているのか、きっと嬉しいことや不安になることがたくさん待ち受けているのかな?と思いつつ。歌を通して、誰かの支えになれたり、背中を押せる、そんなアーティストになりたいと思っています。常に感謝の気持ちを忘れずに、私らしい歌を届けていきたいです。

この記事の画像一覧 (全 2件)