代永翼、三つ子で共演の永塚拓馬&小林大紀とは「兄弟みたい」

アニメ・声優 公開日:2019/06/05 6
この記事を
クリップ

声優の代永翼、永塚拓馬、小林大紀が5日、東京スカイツリー内で行われたディズニー・チャンネル特別編成「ハッピーバースデー!ドナルドダック」トークイベントに出席した。


ディズニーの人気キャラクター・ドナルドダックの三つ子の甥、ヒューイ(代永翼)、デューイ(永塚拓馬)、ルーイ(小林大紀)を演じている3人。改めてオファー時を振り返り、代永は「よく知っている3人組でテンションが上がって家でジタバタしていた」と喜んだことを明かし、永塚は「ディズニーシーで見たあの子たちに声を当てるんだって嬉しかった」、小林も「この3人は役にぴったり。この並び、声の高い3人が揃ってなるほどな、と」と語った。


収録は3人で行っており、いつも和気あいあいなムード。代永翼は「兄弟みたいなんですよ。この3人がいつもうるさいです。それを(スクルージ役の)小形(満)さんが見守ってくれている感じ。ダックテイルズのグッズを買ったら持ってきたり、見せあったりしていますね」。さらに「(永塚と小林は)現場でちょいちょい会う2人。小林くんは別の作品で一緒だったし、この2人が弟だったので安心できた。ものすごくわちゃわちゃできた」と目を細めると、永塚は「現場では2人が代永さんに甘えているところある。お兄ちゃんっていう感じなので」と仲睦まじい様子を語った。




三つ子がまだ幼い子どもという役柄から、幼少期についてトークするコーナーでは、代永翼は「やんちゃでしたね。他の家の子はテレビゲームを買ってもらえたけど、うちはあまり買ってもらえなかったので外で遊ぶことが多かった。雨の日は濡れるのが好きだったし、泥だらけになって帰って怒られたりとか。高い所から飛び降りて大声出して遊んだり。わりと傷が多い子だった」と話した。


「目を覚ますとどっかに行ってしまう子だった」と永塚拓馬が明かすと、代永と小林大紀は「デューイだね」と演じているキャラにそっくりだと指摘。永塚は続けて「いまは人見知りですけど、小さい時は社交的だった。知らない大工さんと仲良くなってお弁当食べていたり、誰とでも仲良くなった」。また「今以上に声が高かった。あと坊主だった」と付け加えた。


小林は「ツッコミ役というか、優等生気質みたいなところがあったかもしれない。授業中にうるさくしている人がいたら『静かにしてください!』という感じの」と苦笑い。さらに代永が「女の子の格好もしてたよね?」といつものネタでイジると、「してないですよ!」と全力否定し、笑わせた。


「ハッピーバースデー!ドナルドダック」は6月9日に「ディズニー・チャンネルHD」にて午前7時~午後3時に放送。ドナルドダックの三つ子の甥と大富豪の伯父・スクルージが巻き起こす日々の騒動が描かれた「ダックテイルズ」の日本未公開エピソードのほか、ドナルドにちなんだ番組などを届ける。

この記事の画像一覧 (全 16件)