「アニサマワールドinニコニコ超会議2019」豪華コラボが実現、出演者全員で『ようこそジャパリパークへ』熱唱

アニメ・声優 公開日:2019/04/29 8
この記事を
クリップ

「さばげぶっ!」のオープニングテーマ『YES!!』を歌った大橋彩香は「アニサマワールド、みなさん楽しんでいますかぁ?」と言うと「今日はお知らせがございます」と。「アニサマ2019-STORY-のほうにソロアーティストとして出演させていただくことになりました」と大発表。そんな彼女の前にhalcaとmotsuが現れ、3人がコラボして『Burst The Gravity』を歌い始めると、観客から大きな歓声が巻き起こる。ノリノリで歌い終えた後は「楽しかった~」と笑顔を浮かべる大橋。そしてmotsuが「halcaちゃんに渡しましょうか」と言って、halcaのライブがスタート。「私のデビュー曲を聴いてください」と彼女が歌ったのは「ヲタクに恋は難しい」のエンディングテーマ『キミの隣』。『センチメンタルクライシス』やカバー曲となる『プライド革命』を歌って次に現れたのはZweiのMeguとAyumu。Ayumuは「シュタインズ・ゲート ゼロ」のエンディングテーマ『LAST GAME』を力強い声で歌うと、観客も歌の雰囲気を壊さないよう静かに聴き入る。その引き込まれるステージに魅了されると、鈴木このみが登場し、『純情スペクトラ』でコラボ。2人は肩を抱き合ったりして驚きの歌唱力で歌い終えると、再びZweiのソロステージに突入した。

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」で結成されたスタァライト九九組は今回、5人での登場。『約束タワー』を歌い、それぞれが自己紹介をすると「コメントを見てたら、振りつけ間違っちゃって」とおどけた小山百代が「ここで発表があります」と告白。なんと彼女たちも今年のアニサマ2019にスタァライト九九組が9人で出演することが決まったと明かしたのだ。会場から大きな拍手が起こるとと昨年のアニサマで披露した『檄!帝国華撃団』など3曲を歌った。

次に登場したのはアニメファンも大好きなオーイシマサヨシ。ギターを弾きながら「月刊少女野崎くん」のオープニングテーマ『君じゃなきゃダメみたい』を歌うと、会場も大盛り上がり。「アニソン界のおしゃべりクソ眼鏡のオーイシマサヨシです」と自己紹介をしたオーイシは「ここで僕の相方に登場していただきたいと思います」と言うと、拍手に迎えられて登場したのは大橋彩香。もちろん、相方ではない。そんな彼女に「そういえば、僕、大橋さんに曲を書いてますよね?」というオーイシ。そうして2人はオーイシが提供した大橋の2ndアルバムの表題曲『シンガロン進化論』を熱唱した。

続いてオーイシの本当の相棒であるTom-H@ckが現れ、OxTとして改めて登場。歌うのは「オーバーロードⅡ」のオープニングテーマ『GO CRY GO』。観客も「ヴォイ」という掛け声をかけ、テンションがガチ上がり。そしてオーイシは「OxTから本日解禁のお知らせがございます。我々、OxT、2019年、9月1日、アニサマ本編最終日に参加が決定いたしました」と発表した。

2/3ページ