ヒプマイFling Posseを大特集、白井悠介&斉藤壮馬&野津山幸宏の座談会に注目

アニメ・声優 公開日:2019/04/09 42
この記事を
クリップ
}/

4月10日(水)に発売される「アニメージュ5月号」(徳間書店) 表紙・巻頭特集に「ヒプノシスマイク」が登場する。
 
2017年秋から始動した、音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」。キャラクターたちがラップでバトルをするストーリーで、多くの魅力的な楽曲と共に、今、若い女性を中心に爆発的な人気を誇っているコンテンツだ。
 
4月24日には待望のファーストフルアルバムが発売決定。それを記念して、アニメージュ最新号ではシブヤ・ディビジョンFling Posseを表紙・巻頭特集で大フィーチャー。




飴村乱数、夢野幻太郎、有栖川帝統の3キャラそろっての表紙はアニメ誌初で、先週表紙が発表されるやいなや、ファンの間でたちまち大きな話題となった。このイラストはB2ポスターとA4クリアファイルにもなっており、付録も充実している。

18ページに渡る巻頭特集では、Fling Posseのキャラクターを演じる人気声優の白井悠介(飴村乱数役)、斉藤壮馬(夢野幻太郎役)、野津山幸宏(有栖川帝統役)の初座談会も実現。渋谷で撮影されたカジュアルな出で立ちでのスペシャルグラビアは、とじ込みピンナップにもなっている。

AFRO PARKERのMC・弥之助と、Fling Posse担当プロデューサーの森優也氏からのコメントも掲載。アルバムに収録される新曲『Stella』を中心に、作り手ならではの視点でFling Posseの魅力を語る。そして前回の表紙・巻頭特集で好評だった、韻研究家・細川貴英氏による押韻講座第2回も。ラップの基本である「韻」とは何か、「ヒプノシスマイク」をさらに楽しむためのお勉強企画だ。

本誌では、 今年で41年目となる毎年恒例「アニメグランプリ」の投票も開始される。栄えある41年目のグランプリ作品は何になるのか、注目だ。


■アニメージュ2019年5月号
A4変型/168P/特別価格980円(税込)
徳間書店
(C)King Record Co.,Ltd.


【関連商品】


   

この記事の画像一覧