「けもフレ」で大ブレイク尾崎由香、初コスプレに “ハマっちゃった”

アニメ・声優 公開日:2019/03/10 9
この記事を
クリップ

子役として芸能活動をスタートさせ、2015年から声優業に活躍の場を広げると2017年にテレビ東京系で放送されたテレビアニメ『けものフレンズ』のサーバル役で一躍ブレイクした尾崎由香。


2018年には第12回声優アワードでどうぶつビスケッツ×PPPのメンバーとして歌唱賞を受賞したのは記憶に新しい。声優業とは別に、2016年には講談社主催のミスコン「ミスiD」にもエントリー。2018年には週刊ビッグコミックスピリッツで表紙グラビア、同年7月には1st写真集『ぴ(ゅ)あ』をリリースし、キュートすぎる仕草を披露してグラビアファンのハートを鷲掴みにした。そんな彼女が初めてのカレンダー『尾崎由香 オフィシャルスクールカレンダー』(小学館)をリリース。その発売記念イベントが9日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、カレンダーの見どころなどを語ってくれた。

同カレンダーで様々なコスプレ衣装を着用したという尾崎。イベント取材では天使のコスプレ姿で登場して「羽根がポイントになっています。大きいモノや小さいモノがあったんですけど、大きい方が可愛いと思って大きのにしてみました♪」とファション解説し、「天使の格好は初めてです。カレンダーでは天使の格好はしませんでしたが、デビルのコスプレをしましたよ(笑)。その時は結構強めの顔をしてくれと言われたんですけど、強めの顔は得意ではないので苦戦しちゃいました。天使のようなほんわかした雰囲気の方がやりやすいですね(笑)」と苦笑いを浮かべていた。

彼女の初めてとなるカレンダーは、昨年8月に千葉で撮影されたもの。「本当に一年間の私が詰まっていて、四季折々で色んなイベントごとの衣装だったり、デビルやサンタ、メイドなど色んな衣装を着ているので、季節に沿った色んな私が楽しめると思います」とカレンダーを紹介した。お気に入りは「制服を着た写真」だそうで、「スピリッツさんの表紙の時も制服だったんですけど、周囲から好評でした。今回のカレンダーでも制服を着させていただき、楽しく撮影することが出来ました」とニッコリ。初めて着用したというメイド服は「着てみたかったんですよ(笑)。憧れの衣装でもあったので気分が上がりましたし、また着たいなって思いました。コスプレにハマっちゃいましたね(笑)」と満更でもない様子で、「次回は和装にチャレンジしたいですね」と新たなコスプレにも意欲を示していた。

同カレンダーをリリースしたことに「嬉しいですよ。自分のカレンダーを出すのは夢であったし憧れでした。私の家に飾って友だちにも普及したいですね(笑)」と満足そうで、「カレンダーも出したし、来年度はまたスピリッツさんで表紙が出来たら良いなと思います」と新たな目標も。その尾崎は声優として活躍しているが、女優業については「あまり考えていませんが、出来たら良いな、と言う夢はあります」と明かしつつ、「旅行が好きなので、旅番組とかふらっと何処かに出掛けるみたいなロケをしてみたいと思います。バラエティー番組に出演しナレーションもつけたいですね。ナレーションのお仕事は大好きなので♪」と貪欲だった。



この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ