“次世代”ウルトラマン、注目のアニメPV&場面写真解禁

アニメ・声優 公開日:2019/03/05 15
この記事を
クリップ

Netflixオリジナルアニメシリーズ『ULTRAMAN』のトレーラー映像が解禁となった。

「ウルトラマン」は世界に誇るヒーローとして、これまで数多くの作品が円谷プロダクションにより製作されてきた。そして2011年、ウルトラマンが地球を去ったその後の世界を描くコミック「ULTRAMAN」が月刊ヒーローズで連載開始。鋼鉄の強化スーツを身に纏って戦う“等身大のヒーロー”ULTRAMANは、かつてのヒーローの息子だった、という本作が切り拓いた新たな世界観は、多くの若者から共感と支持を集め、コミックス累計発行部数が280万部を超えるヒット作となっている。

本作のアニメ化を手掛けるのは、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督と『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志監督。アクターの演技をキャラクターに反映するモーションキャプチャー技術を導入した演出は、細やかな人間の感情表現からダイナミックなアクションシーンまで、これまでの作品では考えられなかった魅力的な表現を可能としている。2大監督による、新たな『ULTRAMAN』が4月1日(月)全世界同時配信となる。

「一度は宇宙に平和が訪れた。だが12年前あれが現れた...」ただならぬ台詞で始まる今回解禁されたトレーラー。続けざまに謎の異星人が「覚えておけ、私の名はベムラー。はじまりの敵だ。」と不穏な空気に拍車をかけ、ULTRAMANとして生きることを決意した主人公・早田進次郎にこの先数々の困難が待っていることを予見させる内容となっている。そして、諸星弾/SEVEN、北斗星司/ACEも映像として初解禁。何のために戦い何を守るのか?本作の魅力でもあるそれぞれが持つ正義とそこで生まれる葛藤のドラマを感じることの出来る映像だ。まだ正体の明かされていない異星人も多数登場。彼らは敵なのか?味方なのか?ULTRAMAN/SEVEN/ACEがどのような戦いを見せてくれるのか期待が高まる。

また終盤ではヒロイン・レナがピンチとなるシーン、そしてカラータイマーが赤く光る姿が!これは一体何を意味するのか。ULTRAMANの身に何が起こるのか!?モーションキャプチャー技術を取り入れた3DCGだからこそ描けた、登場人物の感情表現とダイナミックアクションが凝縮されたトレーラーとなっている。主題歌・OLDCODEX『Sight Over The Battle』の楽曲も本トレーラーにて初解禁となる。




早田進次郎、諸星弾、北斗星司をはじめ、ヒロインのレナ、進次郎の父で、かつてウルトラマンだった早田進や、エド、ベムラーら、物語の鍵を握る主要キャラクターの場面写真も多数解禁。更にはまだ素性の明かされていない異星人の写真も...彼は一体何者なのか?配信開始まで目が離せない。

■Netflixオリジナルアニメシリーズ『ULTRAMAN』
配信:4月1日(月)より全世界独占配信
キャスト:早田進次郎:木村良平/諸星弾:江口拓也/北斗星司:潘めぐみ/早田進:田中秀幸
佐山レナ:諸星すみれ/井手光弘:魚建/エド:牛山茂/ジャック:竹内良太/遠藤庸介:花輪英司
倉田:関戸博一/白石:白石稔/アダド:津田健次郎/ベムラー:曽世海司
主題歌:OLDCODEX『Sight Over The Battle』

©円谷プロ ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULTRAMAN製作委員会

この記事の画像一覧 (全 19件)