羽多野渉ライブツアー「Futuristic」開幕、初披露&“思い出の曲”を熱唱

アニメ・声優 公開日:2019/03/04 10
この記事を
クリップ

声優の羽多野渉のライブツアー「Wataru Hatano Live Tour 2019 -Futuristic-」が3日、埼玉・大宮ソニックシティホールにて開幕した。昨年12月12日に発売された自身4年ぶり2枚目のアルバム『Futuristic』を引っさげてのツアー。東京・大阪で全4公演を予定しており、初日となったこの日は初披露の楽曲をはじめ全15曲を熱唱し、ファンを魅了した。

「大宮ソニックシティ~!『Wataru Hatano Live Tour 2019 -Futuristic-』へようこそ。一緒に楽しもうぜ!」と元気な掛け声とともにライブの幕が上がる。ダンサー4人を引き連れ、ファンの前で初歌唱となるアルバム収録曲『Truth For』、『realize』と立て続けに熱唱し、ファンを引き込ませた。

その後、「みなさんの応援のおかげで今年もライブツアーができました」と感謝のMCを挟んで披露されたのは映画「Dance with Devils-Fortuna-」(2017年公開)の主題歌だった『KING & QUEEN』。3日3日は羽多野が作中で演じたキャラクター・立華リンドの誕生日とあって「おめでとうございます!」とファンと一緒に祝福し、小さな花束を持ちながら観客席に降りるというファン垂涎の演出で盛り上げる。続いてテレビアニメ「ハマトラ」のラジオ番組のテーマソング『Mach1.67』では、「番組内で自分の曲が流れる度にうれしいけど恥ずかしい気持ちはあった。今の自分がパフォーマンスしたらどうなるんだとうと思って、ダンサーさんに新たな振りを考えていただいた。未来のために自分の過去も大事にしていくのもコンセプトなので、生まれ変わった楽曲を新鮮な気持ちでやらせていただいた」とセットリストに組み込まれた背景を語った。

2011年12月に1stシングルを発売し、アーティストデビューを果たした羽多野。音楽活動丸7年となるが「もっともっと昔に、音楽の楽しさを教えてくれた番組がラジオなんです」と切り出すと、声優・鈴木達央とともにパーソナリティーを務めたラジオ番組を回顧する。

「架空のキャラクター2人がラジオ番組をしている。わたくしはトキヤという名前でやっていて、相方はカズナといって、声優さんで言うと鈴木達央さんにすごく似ている声でしたね(笑)。番組の中で音楽をやる企画があって、そこで誕生したのが『CELL DIVISION』。いま、巷では(ヒプノシスマイクの)“○○ディビジョン”が流行っているんでしょ?僕らは10年以上前からディビジョンだったんですよ(笑)。当時は初めての音楽制作だった。なんと当時CELL DIVISIONの楽曲を1曲だけ特別にお許しをもらったので歌わせてもらいます」。

そう感慨深く話した羽多野は、思い出が詰まったバラード曲『SWEET DEPRESSION』をしっとりと歌唱した。「サビのとき、カズナ(CV:鈴木達央)の声がちょっと混ざっていたんですよ。わかりました?」といい、「10年以上前の自分と対話をしているよう。この時は音楽の専門記号も分からなかったので鈴木くんに教えてもらいながらレコーディングをしましたね」と懐かしんだ。

その後は『I Give U My…』『記憶の底の未来の君へ』『CAPSULE HEART』とアルバム収録曲、前山田健一が作詞作曲したポップで軽快なナンバー『I'm a Voice Actor』などを熱唱し、ライブ本編を駆け抜けた。

アンコールを受けて再登場すると、恒例となったギター弾き語りのコーナーが展開される。今年は「いろんな楽曲あるのですが明るくてポップで踊っている楽曲もギター1本で弾いたらどうなるのか」とチャレンジングに『Never be too late』をアコースティックバージョンでお届け。私物のギターで演奏したが「毎年のことなのに全然慣れない。人のギターみたい」とはにかみながら明かす場面も。


また、会場一体となる“タオルパフォーマンス曲”『Sing and Dance!』では、披露前にダンスレクチャーを実施。ライブ前にはYouTube「タオルレクチャー動画」を公開していたこともあって、会場の準備は万端。タイトル通り、ファンと一緒に“歌って踊った”。そして、締めくくりの1曲は“お約束”の『はじまりの日に』。自身初となるライブからトリを務めてきた楽曲で、羽多野のデビューシングルだ。

羽多野は「毎年この歌を歌うと新しい自分に出会えるような気がします。大宮ソニックシティというすごい場所にソロで立たせてもらえることをありがたく思う。背中を押してくれるエネルギーを自分の中で変換して、これからも音楽作品を提供できるように頑張っていきたい。これからも頑張ります!」と感謝の言葉。最後は別れを惜しむようにステージ左右に移動して手を振り、「また会おうね!」と“ネクストステージ”での再会を約束した。

ライブツアーは今後、3月10日にZeppなんば大阪(2公演)にて開催される。


羽多野渉ライブツアー2019 「 Wataru Hatano Live Tour 2019 -Futuristic- 」 公演概要
■タイトル 「Wataru Hatano Live Tour 2019 -Futuristic-」
■出演 羽多野渉
■日時・会場
2019年3月3日(日)東京公演:大宮ソニックシティ
昼の部:開場14:00 開演15:00 夜の部:開場18:00 開演19:00
2019年3月10日(日)大阪公演:Zepp なんば大阪
昼の部:開場14:00 開演14:30 夜の部:開場17:30 開演18:00

この記事の画像一覧 (全 16件)

関連タグ