「KING OF PRISM」新作初日にキャスト集結、寺島惇太「今年1年はキンプリ一色に!」

アニメ・声優 公開日:2019/03/03 8
この記事を
クリップ

3月2日に公開を迎えた「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ」の初日舞台挨拶が新宿バルト9で行われ、寺島惇太斉藤壮馬畠中祐八代拓五十嵐雅永塚拓馬内田雄馬蒼井翔太が登壇した。

本作は、プリズムスタァを目指す個性豊かな男の子たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指して様々な試練や困難に立ち向かっていくストーリー。劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日公開)、劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(2017年6月10日)に続く、KING OF PRISMシリーズの最新作であり、公開を迎えた「Ⅰプロローグ×ユキノジョウ×タイガ」に続き、「II カケル×ジョージ×ミナト」、「III レオ×ユウ×アレク」、「IV ルヰ×シン×Unknown」と順次公開し、4月8日(月)からはシリーズ初のTVアニメ放送を控えている。
 



春から始まるストーリーに合わせ、桜で彩ったステージパネルの前で行われた同イベント。前作の公開から約1年9か月ぶりの新作公開ということもあり、会場に集まったファンだけでなく、ステージに立つキャスト陣も興奮を隠し切れないといった様子で舞台挨拶は始まった。
 
ファンを前にして話をする機会は今回が初めて。一条シン役を演じた寺島は「超面白い、今作のです!10回観ましたけど、また観たいとおもいますし、全然飽きません!」と大興奮。また、涼野ユウ役を演じた内田は「キンプリの劇場版は久々になるのですが、相変わらずだなぁと。みんなこれを待ってたんだよーという感じです」と本作を観た感想を述べ、満面の笑みを浮かべた。今回、キンプリの初日舞台挨拶に初登壇となった如月ルヰ役を演じた蒼井は、昨年出演したライブ「KING OF PRISM Rose Party 2018」を振り返り、「ライブに参加させていただいた時に、この劇場版へ向けてのパワーをみなさんに頂いて、だからこそ(今作も)素敵な作品になったんじゃないのかなと思っています」と語った。

また、本日より公開されたエピソードの1人、 太刀花ユキノジョウ役の斉藤は、同作について「今まで各キャラクターのバックグラウンドであったり、内面が描かれていない部分がたくさんあったと思うのですが、今回非常に多くの深堀がなされています。そしてユキノジョウは、いっぱいセリフがあってよかったなと思います(笑)」と自身が演じるキャラクターの活躍に笑顔を見せた。 香賀美タイガ役の畠中は「何もよりも歌、プリズムショーが、マジでやばいです。ここ2人(斉藤と自身を差し)激アツでした。新曲もすごくいい感じですので、ぜひぜひ聞いてもらいたいです。」と口にした。

最後に寺島から会場に集まったファンに向けて「演者もスタッフさんもみんな一丸となって最高のジャンプを作品に込めました。全力でキンプリを楽しんで、今年1年はキンプリ一色にキンプリからなかなか逃れられませんから、みなさん楽しんでください!」と話し、劇場版が順次公開され、TVアニメも放送となるキンプリをアピールした。


(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

この記事の画像一覧 (全 11件)