「劇場版シティーハンター」が新宿ゴールデン街とコラボ、伝言板も復活

アニメ・声優 公開日:2019/02/06 13
この記事を
クリップ

原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”「シティーハンター」が、2019年に長編アニメーション映画『劇場版シティーハンター 』として復活を遂げる。

新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え成長していきます。2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコミカルに描いた北条司による原作は1985年、「週刊少年ジャンプ」で連載開始。1987年にサンライズ制作でTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっている。



この度、冴羽獠が始末屋(スイーパー)として活躍し、本作ではサブタイトルにもなった「シティーハンター」とは切っても切り離せない街“新宿”と『劇場版シティーハンター 』との大型コラボが実現致した。

今回、ゴールデン街と「劇場シティーハンター 」がタイアップする。今回のタイアッププロモーションは、ゴールデン街史上初のタイアッププロモーションであり、参加店舗(100店舗)で注文の際に「XYZ」伝えると特製シールをプレゼント&ポスター掲出されるので、くわしくはゴールデン街URLをチェックしてみていただきたい。

また、JR新宿駅中央東口に劇場版公開を記念した「伝言板」が奇跡の復活。北条先生、こだま総監督、キャストの直筆メッセージやサインが書かれており、ファンは必見だ。

さらに、東京メトロ丸ノ内線新宿駅~新宿三丁目駅間にある地下連絡通路の壁面に『劇場版シティーハンター 』の巨大広告が出現。掲載期間は短めなので、気になる方は新宿にチェックしに行ってみてはいかがだろうか。

“新宿”と“シティーハンター”、切っても切り離せない2者のコラボを是非、ご覧頂きたい。

(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会 ※短縮表記:(C)T.HOJO/N,C

この記事の画像一覧 (全 4件)