植田圭輔、デジタルフォトブックで彼女目線のおうちデート写真披露

アニメ・声優 公開日:2019/01/19 14
この記事を
クリップ

いまエンタメ界のトレンドといえば、 マンガやアニメ、 ゲームなどを原作とした2.5次元舞台。 そのブームをリードする俳優の植田圭輔が、 CanCamプロデュースで初のデジタルフォトブックを発売する

植田は、 これまで舞台『弱虫ペダル』、 舞台『おそ松さんon STAGE』など多くの2.5次元舞台を中心に、 『火花』や『死神の精度』など小説原作の舞台も多数に出演してきた人気イケメン俳優。 一昨年には、 アニメ(声優)と2.5次元舞台が同じキャストという初の座組みが話題になった人気作品『王室教師ハイネ』に主演し、 チケット完売の大ヒットとなった。




今回自身初となるデジタルフォトブック 『植田圭輔~NEXT TO HIM~』 では、 冬の休日に過ごす、 おうちのなかのシーンにこだわった写真を30ページ、 42カットにわたって披露。 寝顔、 メガネ姿、 歯磨き・・・など、 彼女目線の写真たっぷりで、 まるで1日一緒に過ごしているような気分にしてくれる。 リラックスやかわいい、 色っぽいなどコロコロ変わる表情も印象的。 思わずふたりだけの時間を妄想してしまう写真はとってもレアでだ。

2月16日(土)劇場版『王室教師ハイネ』の公開を記念して、 作品に関するインタビューも掲載。 仲の良さが話題にもなっている4人の共演俳優については、「とにかく仲がいいって言われますが、 それぞれがプロフェッショナルで、 作品やキャラクターに対する愛がちゃんとある方たちだったので、 共鳴し合っていたのかなと思います。 それに、 のほほーんとマイペースな人たちばかりなので、 仲が悪くなる理由もなかった(笑)。 それぞれがそれぞれを理解しているので、 居心地がいい仲間です」

さらに、 1月23日(水)発売のファッション誌「CanCam」3月号にも植田さんが登場。デジタルフォトブックの発売を記念したスペシャルインタビューでは、 気になる「LOVE」について語ってくれている。

「恋愛となると、 僕はけっこう肉食系だと思う。 好きになったら、 もう相手にバレてもいいやって思ってるし、 周りにも隠さないし、 たぶん自分で気づかないうちに口に出して言っちゃってるんじゃないかな(笑)?意中の相手を誘うときも、 『デートしてくれへん?』って直球で言うと思います」。 こんな見た目の“かわいらしさ”とのギャップも人気の秘密だろう。

2月16日(土)には、 劇場版『王室教師ハイネ』(エイベックス・ピクチャーズ)が公開されるほか、 4月11日(木)から2作目のミュージカル公演への出演も決定している植田さん。 人気2.5次元俳優を独り占め!のデジタルフォトブック『植田圭輔~NEXT TO HIM~』は小学館から1月23日(水)発売。

 

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ