鈴木みのり、聖地・池袋サンシャインシティ噴水広場で熱唱

アニメ・声優 公開日:2018/12/21 6
この記事を
クリップ
}/

TVアニメ『マクロスΔ』のヒロイン“フレイア・ヴィオン”役に抜擢。その劇中に登場する戦術音楽ユニット“ワルキューレ”のメンバーとしても活躍中の鈴木みのりがソロアーティストとしてデビューしたのが18年の1月。そこからシングルリリースや大型イベントへの出演を経て、12月19日に待望の1stフルアルバム『見る前に飛べ!』をリリース。その発売を記念したフリーイベント(ミニライブ&特典会)が、池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われた。




平日の夕方からのイベントだったが、会場には多くのファンが集結。ミニライブは、アルバムの1曲目と同じ『見る前に飛べ!』から勢いよくスタートした。鈴木みのりも曲のイントロと同時にステージに飛び出し熱唱。 特に感情をぶつけるように歌うサビの迫力には圧倒された。ロングトーンやエモーショナルなセリフパートのあとは、会場から自然と歓声が起こっていた。

「声優・歌手の鈴木みのりです」と短く挨拶をし、「可愛らしい、でもちょっと切ない曲です」と紹介して歌われたのが『おセンチなメンタル』。アルバムでは切なさも込めて歌われていたが、ライブではクラップも起こり、笑顔多めで、楽しんで歌っているのが伝わってきた。そしてすぐさましっとりとした『astro traveler』へ。彼女がリスペクトするアーティスト・やなぎなぎが作詞・作曲・編曲を務めたこの曲。幻想的で柔らかい雰囲気が漂う曲だが、一瞬で会場の空気を変えてしまうのも彼女の歌声の魅力だろう。みんなその世界観に入り込んでいた。

「個人的に1stアルバムは名刺代わりになるような作品だと思っていたんですけど、いろんな鈴木みのりがいて、どれが私なのかな?と思うくらい様々な楽曲があるんです。でも、どれも私らしいのかなと思いました」と語ると、アルバムの中でも特に変わった曲で、彼女が坊主姿になるMusic Videoも話題の「ヘンなことがしたい!」へ。この日の天女風の衣装も、この作品で着用されたものなのだが、まだリリースして間もないということで、観客とコール&レスポンスの練習をしてから歌へ入っていく。

この曲は、目まぐるしく曲調が変わり、ボーカルも2人いるかのように、声を変えて歌っているのだが、その歌い分けもライブで完全再現。サビではMVで見せた可愛いダンスも披露。ファンのコールも徐々に大きくなっていったので、今後ライブで歌えば歌うほど、面白い盛り上がり方をしていきそうな予感が漂っていた。

そして最後に、「デビューシングルから1曲歌わせていただきたいと思います!」と言うと印象的な中華なイントロが流れる。ダッシュでスタッフからネギを受け取ると、天女姿でネギを振り回しながらデビュー曲「FEELING AROUND」を笑顔いっぱいで歌う。これまでいろいろなところで歌ってきた曲なので、集まったファンの歓声も大きい。間奏では楽しくなりすぎて、ステージを駆け回った末、歌に間に合わないというシーンもあったが、それもご愛嬌。息を切らしながらライブコーナーを駆け抜けた。

ミニライブを終えると、最後は集まってくれたファンのみんなとハイタッチ会を実施し、笑顔満載のリリースイベントは終了した。

今後は、この日歌われた楽曲たちを含む1stアルバムを視聴して楽しむ「リリース記念LINE LIVE~『食べる前に挑め!』~」を、12月23日(日)19:00~20:00に配信。そして、19年3月31日からは、福岡、東京、大阪、名古屋を廻るゼップツアーがいよいよスタートする。途中「これはまだリリースイベントに過ぎないので、いっぱい聞いて、またライブで盛り上がりましょう」と語っていたが、3月から始まるゼップツアーも、いろいろと楽しいことを考えているようなので、楽しみに待っていてほしい。

この記事の画像一覧

関連タグ