紅白初出場 Aqours小林愛香、発売前重版の1st写真集「かけがえのない1冊になりました」

アニメ・声優 公開日:2018/12/17 6
この記事を
クリップ

スクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!サンシャイン!!」の津島善子役で知られ、Aqoursのメンバーとして年末には「第69回NHK紅白歌合戦」出場を控える小林愛香。彼女の1st写真集「愛香」(KADOKAWA)の発売を記念し、12月16日、東京・紀伊國屋書店 新宿本店にて刊行記念サイン会が行なわれた。

「愛香」は、台湾南部の人気都市・高雄を訪れ、ノスタルジックな雰囲気の街並みや観光スポットをバックに彼女の等身大の姿を収めた1冊。発売前には異例の重版も決定し、大きな注目を集めている。




 マスコミ向けの囲み取材に応じた小林は「写真のセレクトから色味の確認まで、本当にイチから関わらせていただいたので。それが1冊にまとまったときは“本当に本になったんだ”という感動と、めくってもめくっても自分がいるのが嬉しくて。本当にかけがえのない1冊になりました」とコメント。

台湾でのロケは「台湾にはもともと色鮮やかなイメージがあったのですが、私が行った台南は自然が多くて。こんなにも知らない台湾があったんだと衝撃を受けました。特に“虹の教会”と呼ばれる『彩虹教堂』という場所がフォトジェニックなスポットでお気に入りです」と話し、お気に入りのカットを「崖で撮った1枚」と紹介。そのページを持って撮影も行ない、「アンニュイな表情と、顔の前にかかった草、そして後ろの空か海かわからないような水色のコントラストが素敵で好きです」とアピールした。

記者に紅白出場決定について問われると「そういうステージに立てるのも本当に皆さんのおかげです。(紅白決定後に)母と初めて会ったときは2人で玄関で抱き合いました。歌わせていただく曲はAqoursのデビューシングル(「君のこころは輝いてるかい?」)で私たちが大切に歌ってきた曲。それをあの大きな舞台でパフォーマンスして、日本中、世界中の方に届けられるのが本当に嬉しい。私たちも楽しみにしています」と語り、取材を締めくくった。


この記事の画像一覧 (全 5件)