宮野真守、3年ぶりにアニサマ帰還「ただいま~!」2万7000人を一体に

アニメ・声優 公開日:2018/08/25 28
この記事を
クリップ

人気声優で歌手の宮野真守が25日、さいたまスーパーアリーナにて開催中の世界最大のアニソンイベント「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」2日目公演に出演。登場した瞬間から最後の音が鳴り終わるまで全力パフォーマンスを披露し、観客約2万7000人を一体にさせた。

宮野にとって3年ぶり7回目のアニサマ。「3年ぶりに帰ってきました!ただいま~!」と叫ぶとファンも「おかえり~!」と“帰還”を喜んだ。また「今年、音楽活動10周年。このアニサマを全力で盛り上げていきたい、いいですか!?さらに盛り上がろうぜ!」とボルテージをあげる。




劇場版「亜人」の最終章主題歌『The Birth』、アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG ストライドゲート編」オープニング曲『SHOUT!』とハードなロックナンバーを立て続けに熱唱。3曲目はアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」オープニング曲『シャイン』で爽やかながらも力強い歌声で魅了。歌い上げると「またね、アニサマ~」と再会を誓っていた。

「Animelo Summer Live」はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。2005年に初開催され、14年目となる今年は「OK!」をテーマに、さいたまスーパーアリーナにて8月24日から26日まで実施される。3日間で約8万人を動員する予定。

ⓒAnimelo Summer Live 2018/MAGES.

この記事の画像一覧