アイドルマスター SideM、アニサマ2回連続出演「理由あってやってきました~!」

アニメ・声優 公開日:2018/08/25 14
この記事を
クリップ

アイドル育成カードゲーム「アイドルマスター SideM」より、10人のアイドルたちが25日、さいたまスーパーアリーナにて開催中の世界最大のアニソンイベント「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」に出演した。

「アニサマよろしくお願いしまーす!」との声とともにメンバーが登場すると、観客は大声援で迎えた。この日は、仲村宗悟(DRAMATIC STARS・天道輝役)、堀江瞬(Beit・ピエール役)、 野上翔(High×Joker・伊瀬谷四季役) 、山谷祥生(W・蒼井享介役)、伊東健人(S.E.M・硲道夫役)、熊谷健太郎(FRAME・握野英雄役)、狩野翔(Café Parade・神谷幸広役)、土岐隼一(Altessimo・都築圭役)、矢野奨吾(もふもふえん・岡村直央役)、笠間淳(Legenders・葛之葉雨彦役)の315プロ10人のアイドルたちが各グループを代表してステージに立った。




アニサマの出演は昨年に続いて2回目。仲村は「昨年に引き続き、理由あってアニサマにやってきました~!」とあいさつ。「アイドルマスター SideM」が登場したのは最後のアーティストから3番目と終盤だったが「後半戦、まだまだ盛り上がる準備はOK?」と会場を盛り上げた。

アニメのオープニング曲『Reason!!』、アニメ第13話挿入歌の『GLORIOUS RO@D』をパフォーマンスすると仲村は「めちゃくちゃ気持ちいいです!」とご満悦。最後の曲『DRIVE A LIVE』では2組に分かれてゴンドラに乗り込み、メンバーたちはファン一人ひとりに手を振るなど声援に応えていた。

「Animelo Summer Live」はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。2005年に初開催され、14年目となる今年は「OK!」をテーマに、さいたまスーパーアリーナにて8月24日から26日まで実施される。3日間で約8万人を動員する予定。

ⓒAnimelo Summer Live 2018/MAGES.

この記事の画像一覧