Aqours「楽しんでいくぞ~!」2年連続出演のアニサマで4曲パフォーマンス

アニメ・声優 公開日:2018/08/24 14
この記事を
クリップ
}/

「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する9人組のスクールアイドル・Aqoursが24日、さいたまスーパーアリーナで開催中の世界最大のアニソンイベント「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」の初日公演に登場した。

高海千歌役の伊波杏樹、桜内梨子役の逢田梨香子、松浦果南役の諏訪ななか、黒澤ダイヤ役の小宮有紗、渡辺曜役の斉藤朱夏、津島善子役の小林愛香、国木田花丸役の高槻かなこ、小原鞠莉役の鈴木愛奈、黒澤ルビィ役の降幡愛が順番に紹介されると、1人ずつステージに元気よく繰り出した。




Aqoursは昨年に続き2回目の出演。メンバーたちは「またアニサマに戻ってくることができてうれしいです」(逢田)、「もっともっとアニサマ楽しんでいくぞ~!」(高槻)など、自身が担当するキャラクターの声で連続出場を喜んだ。また、伊波が「今日はアニサマの初日ですよ!めいいっぱい盛り上がっていると思いますが、もっともっと盛り上がりましょうね!ついてきてくれますか~?」と大声をあげると、ファンも負けじと応じた。

熱気に包まれる中、Aqoursが披露したのはテレビアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」第2期オープニング主題歌『未来の僕らは知ってるよ』、『君の瞳を巡る冒険』、第2期の挿入歌である『WONDERFUL STORIES』、エンディング主題歌『勇気はどこに?君の胸に!』の4曲。ファンは手に持つサイリウムをそれぞれのメンバーカラーで染め上げ、2度目のアニサマを共に楽しんだ。

「Animelo Summer Live」はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。2005年に初開催され、14年目となる今年は「OK!」をテーマに、さいたまスーパーアリーナにて8月24日から26日まで実施される。3日間で約8万人を動員する予定。


この記事の画像一覧