でんぱ組.inc鹿目凛も大興奮「次にくるマンガ大賞2018」発表

アニメ・声優 公開日:2018/08/23 11
この記事を
クリップ

マンガやアニメがドラマや映画の原作となることも少なくない昨今、現在大流行中のマンガはもちろん、次にくるマンガ探しには熱がこもっている。そんな次に大きなムーブメントを巻き起こすのではと考えられる作品を選んで表彰してしまおうというのが、今年の開催で4回目を迎えるniconicoと雑誌ダ・ヴィンチのコラボ企画「次にくるマンガ大賞2018」だ。

8月23日(木)にはいよいよ今年の受賞作品発表会が、SHIBUYA TSUTAYA 7F WIRED TOKYOにて開催された。この模様はニコニコ生放送でも配信され、一般アニメファンだけでなく業界内でも大きな話題に。




今年は3711作品という候補作の中から50作がノミネートという、超激戦となっただけでなく、ユーザー投票数も30万票超えと前回開催の約15万票から倍増となっている。まずは20位から4位までが一気に発表されると、会場観覧のファンやニコ生視聴者からは応援メッセージだけでなく雄叫びにも似た喜びの声が届けられた。そして発表されたWEBマンガ部門の上位3作品は以下の通り。

1位:「先輩がうざい後輩の話」(著・しろまんた/一迅社)

2位:「おじさまと猫」(著・桜井海/スクウェア・エニックス)

3位:「極主夫道」(著・おおのこうすけ/新潮社)

3位の「極主夫道」にはギャップ萌えという言葉が語られ、2位の「おじさまと猫」には、とにかく可愛いという言葉が飛び交い、そしてTwitterで驚異的な41万5000いいねを集めた1位の「先輩がうざい後輩の話」には「今、最も尊い作品」「毎週金曜は尊さ供給DAY」「ニヤニヤ出来る」といった言葉に共感が集まるなど、女性人気の高い作品が受賞という時勢を感じさせた。続いて発表されたコミック部門の上位3作品は以下の通り。

1位:「来世は他人がいい」(著・小西明日翔/講談社)

2位:「Dr.STONE」(著・稲垣理一郎、Boichi/集英社)

3位:「錦田警部はどろぼうがお好き」(著・かんばまゆこ/小学館)

3位の「錦田警部はどろぼうがお好き」が発表されると黄色い声が飛び交い、作者のかんばまゆこ先生より、驚きの先輩大先生「名探偵コナン」青山剛昌先生から贈られたお祝いコメントが発表されるなど驚愕の展開。2位の「Dr.STONE」には解説のダ・ヴィンチ編集長・関口靖彦氏より「学習まんがを読んでいる時のワクワク感が、少年漫画に乗っている見事な作品」との高評価が。そして1位の「来世は他人がいい」が発表されると会場に駆けつけたファンからも「来たか!」と大きな声援が飛ぶなど、笑いあり恐怖ありの極道エンタメが見事に大賞を撃ち落とした。

全ての順位を目の当たりにした解説の栗俣力也氏(TSUTAYA書店員)は「ぶっちゃけ僕が予想していたランキングで1位2位3位全部ハズレました。それくらいどの作品が受賞してもおかしくない激戦。この、『次にくるマンガ大賞』は、その年の傾向が出やすい。女性が好む作品が強いのが今年。ほっこり作品が多かったのでは。」と総評を出したとおり、確かに女性の躍進が目覚ましいランキングとなった。

今回司会を努めた、元NHKアナウンサーの中倉隆道は上品に会場を盛り上げ、同じく司会の鹿目凛(でんぱ組.inc)は自身でもマンガ家として活動する現役アイドルとして最後に、「マンガのお仕事に関わることが出来て嬉しいです。自分の作品への勉強にもなりました。これからの作品では多くの人に感動してもらえるようにし、ゆくゆくは日本を平和にしたい!」と壮大なストーリーを語ってくれた。

作品数や投票数が回を重ねるごとに倍増という急成長を見せる「次にくるマンガ大賞2018」。

視聴者からも「知らなかった作品に出会えた」「試聴ページにすぐ飛べて素晴らしい」「けいどろ入ってなかった」と高評価が続々と寄せられていたため、来年の開催にも期待と楽しみが膨らむ。

この記事の画像一覧 (全 5件)