声優 斉藤朱夏が初写真集、親交深いNGT48荻野由佳から「すごく素敵な一冊だね」

アニメ・声優 公開日:2018/08/19 6
この記事を
クリップ
}/

人気声優・斉藤朱夏の1st写真集「裸足。」(東京ニュース通信社刊)が自身の誕生日である8月16日(木)に発売され、これを記念したサイン会が8月18日(土)に都内にて行われた。

「ラブライブ!サンシャイン!!」の渡辺曜役で声優デビューを果たし、一気に人気声優となった斉藤朱夏のいまの全てが詰まった1st写真集。ロケ地は人生で初めて訪れたという沖縄。離島を舞台にさまざまな表情の彼女の魅力が満載だ。また、初の衣装、初のロングヘアー姿、初挑戦したメイクなど、斉藤朱夏本人にとっても初めてづくしであり、まさに完全保存版の1冊となっている。 




この日、斉藤は初めての写真集発売会見にもかかわらず、満面の笑顔で「よろしくお願いします!」と元気いっぱいに登場。以前から「大きな夢の一つ」と語っていたソロ写真集について、「素の表情がいっぱい詰まった一冊になったと思っています!」と喜びを表現した。初めての写真集の撮影について聞かれると、「本当にスムーズにいっていた」とニッコリ。しかし撮影中にはハプニングもあったようで、「ネイルを毎回(衣装ごとに)変えていたんですけれど、撮影して終わったときにぱって指を見たら片手だけネイルをしていなくて!」とここだけの話も。初めての沖縄については「晴れているイメージがあった」という斉藤だが、撮影一日目はなんとあいにくの雨だったそう。残念がるかと思いきや「初めての沖縄で天気が悪いっていうのは、ついてるのかついてないのかわからないくらいすごく印象的でしたね」と明るく振り返った。 

そんな記念すべき写真集の数ある写真の中でも特にお気に入りのカットを聞かれると、「白いワンピースを着ている写真」は「こんな表情が出来るんだ」と自分自身でも驚いたと告白。実際にページを見せながら「(今までの)自分にはない姿を見せられたんじゃないかと思ったし、自分で言うのもなんですけれど、大人っぽい表情が見せられた写真かなって思います」と手応えを語り、「白いワンピースのカットはこの写真に限らず全部のカットがすごくお気に入りです」と照れた笑顔でアピール。さらに写真集には、今までに見せたことのない水着姿の写真もあるが、「特に恥じらいとかはなく、プライベートで水着を着て海に遊びに行ったっていう感覚だった」と語り、「初めての水着でしたけど躊躇なく撮影を楽しんでいました」と微笑んだ。 

さらに、今回は写真集表紙の帯に、最近も2人で“朝活”をして遊んだというほど親交の深いNGT48荻野由佳がコメントを寄せており、夢のコラボレーションが実現。荻野からは「すごく素敵な一冊だね」と連絡をもらったと嬉しそうに語った。 

会見の最中には、本人にサプライズで誕生日を祝うケーキも登場し、あまりの驚きに「えぇー!? なに!? うそー‼」と思わず号泣。「誕生日が過ぎたらもうサプライズはないだろうと気が緩んだ状態でいた」と泣き笑いながらも、「嬉しいー! やったー!」と大はしゃぎでロウソクの火を吹き消した。そして新たな一年の始まりに対し「22歳も等身大で生きていきたいなってすごく思います!」と抱負を。「年を重ねるごとに毎年毎年思う抱負なんですけど、女の子って結構大人ぶりたいっていうところもあるので、でもそれをしなくても素の自分で22歳も過ごせたらいいなと思っております」と素直な気持ちを語った。 

また、写真集に関わったスタッフみんなと考えたという写真集のタイトル「裸足。」にも、素の自分で過ごしたいという思いが込められていると明かし、「写真集を見ればわかるんですけど裸足がすごく多くて」とタイトルにちなんだ裸足の話に。さらに、「私自身も日常で靴下を履くことがすごく嫌いで裸足で過ごしていることが多い」と私生活も露わにした。 

イベントでは、写真集購入者を対象としたサイン会を開催。ファンの方を前にサインを入れることも人生初ということで、普段はカジュアルでボーイッシュな服装が多いという斉藤も「せめて今日ぐらいは!」とガーリーな赤いワンピースで登場。記者にファッションのポイントについて聞かれると「ぶりっこですね!!」と即答し、「みんなにちょっと見せつけてやろうということで、ぶりっこというテーマにしております!」とコメント。「ファンの方とかも見えてないよーって言うんですけど、実は背中が開いてまして…」と背中を見せて大胆にアピールした。 

また、連日暑い日が続く今年の夏について思い出を聞かれた斉藤は「今年の夏は斉藤朱夏の夏だなって私自身でも思っていまして!」とキッパリ。1st写真集の発売の他にも、8月15日にオフィシャルファンクラブが開設し、それを記念した「アキバお誕生日会」も開催されていることから、「私のこの夏は“私だらけの夏”が思い出です」と胸を張った。 

最後はファンに向けて、「この写真集を撮ったのは21歳の時で、21年間分の思いがこの写真集に詰まっていると思います。この写真集を見れば私のことがすべてわかると思うので、ぜひ見てくれたら嬉しいなと思います!」と満面の笑顔でPRした。