B-PROJECT、幕張メッセで真夏ライブ キタコレも映像出演

アニメ・声優 公開日:2018/08/09 52
この記事を
クリップ


MCコーナーでは、千葉が「MooNsさんとステージで共演させていただくのは初めてなんです」と切り出すと、八代が「かっこよさが弾け飛んでいた!」と感想。“弾け飛ぶ”という表現に、増田が「弾けて、どこかいなくなっていますよね?」とツッコむと会場を笑いの渦に。MooNsのリーダー・増長役の上村がキラキンの生ステージに「僕たちも負けていられないって思わせてくれる」といい、気を引き締めた。

後半のトップバッターでは、なんとキタコレがリアルモーションCGでサプライズ出演。驚くファンに北門倫毘沙(CV:小野大輔)、是国竜持(CV:岸尾だいすけ)が挨拶をし、『恋セヨ乙女』『クランクイン』をメドレーで歌い上げた。

その後は『ALL RIGHT!!』(阿修)、『ヒミツの恋』(不動)、『Breaking now』(殿)、『Let's have Fun♪』(王茶利)、『Movin' on』(音済)、『Daytime star』(増長)と個性あふれるソロ曲を立て続けにお披露目。『Hungry Wolf』でKiLLER KiNGがファンの心を“食べちゃった”かと思えば、THRIVEが『Needle No.6』『Tick-tack』でこれまでと違うハードな雰囲気で煽り、MooNsが『SUMMER MERMAID』『ラブ☆レボリュ』で爽やかに決める。

こうしてB-PROJECT史上、圧倒的なボリュームなライブは終演と迫っていき、上村が「みなさん本日はありがとうございました。MooNsとしてみなさんとこの日を作れたことを心より誇りに思います。またお会いできるのを楽しみにしています!」、千葉が「キラキンとしてこのステージに立てたことが本当にうれしいです。ライブを通して僕たちのことをもっと好きになってくれたかな。僕はみなさんのこともっと大好きになりました!」、そして豊永が「今日は本当にありがとうございました。みなさんが喜んでいただけたら幸いです」とそれぞれのグループを代表して感謝の言葉を送り、全員で『S級パラダイス』を歌唱した。

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 15件)