劇場版「夏目友人帳」神谷浩史&井上和彦コメントムービー公開

アニメ・声優 公開日:2018/07/12 25
この記事を
クリップ

2018年9月29日(土)全国ロードショー「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」で、夏目貴志役:神谷浩史とニャンコ先生役:井上和彦のコメントムービーが劇場版公式サイトにて公開されている。




2003年の初出当初から多くの読者を魅了してきた緑川ゆきの代表作「夏目友人帳」(白泉社 月刊LaLa連載)は、優しさと切なさの溢れる描写が話題となり、漫画ファンを中心に圧倒的な支持を得てきた。TVアニメ第一期は2008年に放送を開始、その後2017年の第六期まで継続され、深夜アニメとしては他に類を見ないロングシリーズとなった。

そして、2018年秋、アニメ「夏目友人帳」の集大成ともなる劇場版がスクリーンに登場。本作では、シリーズ初の長編映画として、原作者監修による完全新作のオリジナルエピソードが描かれる。

またゲストキャストに高良健吾、島本須美、村瀬 歩の出演も発表された。そして主題歌はUruの『remember』に決定。本予告映像も公開されているので、気になる方はチェックしてみよう。


◇あらすじ

小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができた夏目貴志。
亡き祖母レイコが勝負をしかけ、負かした妖に名前を書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒・ニャンコ先生とともに、妖たちに名を返す日々――。
人と妖の間で忙しい毎日を送る夏目は、偶然昔の同級生・結城と再会したことで、妖にまつわる苦い記憶を思い出す。そんな頃、夏目は、名前を返した妖の記憶に出てきた女性・津村容莉枝と知り合う。レイコのことを知る彼女は、いまは一人息子の椋雄とともに穏やかに暮らしていた。彼らとの交流に心が和む夏目。だが、親子の住む町には謎の妖が潜んでいるらしかった。そのことを調べに行った帰り、ニャンコ先生の体についてきた"妖の種"が、藤原家の庭先で、一夜のうちに木となって実をつける。どことなく自分に似た形のその実を食べてしまったニャンコ先生が、なんと3つに分裂してしまう――!?

©緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト