倖田來未 6年ぶりにアニメ主題歌を担当、TVアニメ「ブラッククローバー」OP曲

アニメ・声優 公開日:2018/07/02 50
この記事を
クリップ
}/

この度、テレビ東京系にて人気放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』の第4クールのOPテーマが倖田來未に、EDテーマがFAKYに決定した。

新OPテーマとEDテーマは7月10日(火)から放送となる。さらに2018年配信予定のアプリゲーム「ブラッククローバー 夢幻の騎士団」の主題歌も倖田來未が担当することに決定した。




本作は週刊少年ジャンプ(集英社/著:田畠裕基)にて 絶賛連載中で、シリーズ累計600万部を超える人気作品。誰もが魔法を使える世界が舞台で、最果ての地の教会に捨てられ下民として育ったアスタとユノ。なぜか生まれつき一切魔法が使えないアスタと天才的な魔力をもつユノ、対照的な2人が、世界を救う魔道士の頂点といわれる“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作。一癖も二癖もある個性的なキャラクター達が繰り広げる群像劇と豪華声優陣、そして魔法バトルシーンの美しさが話題となり、注目の王道アニメとして、老若男女幅広い世代から支持を受けている。

来週放送となる、テレビアニメ「ブラッククローバー」の第40話からのOPテーマに、倖田來未が決定。倖田來未はゲームソフト「FINAL FANTASY X-2」のOPテーマ/挿入歌の『real Emotion/1000の言葉』でゲームファンからの知名度を確立。TVアニメ「トータル・イクリプス」のOPテーマ『Go to the top』はインターネット中で大きな話題となった。

今回 「Go to the top」以来6年ぶりとなるTVアニメへのタイアップに、倖田は「夢を掴むために戦うキャラクターたちとともに、私自身も限界まで挑戦したい!という思いから、疾走感や勢いのある楽曲、歌声を意識し何度もブラッシュアップを試みました!」と、少年マンガの主題歌らしい楽曲を意識して制作した事を語った。

さらに倖田は 2018年配信予定のアプリゲーム「ブラッククローバー 夢幻の騎士団」の主題歌も担当。『real Emotion/1000の言葉』『Go to the top』で見事ゲームファン、アニメファンの心をつかんだ倖田がどのように「ブラッククローバー」のアニメ、アプリ両タイトルの主題歌を務めているのか注目だ。

また、EDテーマを担当するのは、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」で、日本人としては異例となる日・米・英・愛の4ヵ国においてViral Top 50にチャートインを果たした他、「CRAZYBOY」ことあの三代目 J Soul Brothers パフォーマー ELLYの新曲への参加も発表された、注目のガールズグループFAKY。「別々の場所でがんばっている仲間に向けて、『離れていても繋がっている』『いつだって味方でいる』」というメッセージが込められているという今回の楽曲は、ブラッククローバーの主人公アスタとその親友ユノをイメージしたものになっています。こちらの楽曲にも期待してほしい。

テレビアニメ「ブラッククローバー」は、7月3日(火)夕方6:25~第39話「三つ葉の敬礼」が放送。 クローバー王国を滅ぼそうとする「白夜の魔眼」に裏で協力していた魔法騎士団団長がいたことが明らかとなり、「紫苑の鯱」団長のゲルドル・ポゾット(CV:杉田智和)と「水色の幻鹿」団長のリル・ボワモルティエ(CV:花江夏樹) の能力も明かされます。新オープニングと新エンディングも公開となるテレビアニメ「ブラッククローバー」、7月2日(月)より開始となった事前登録に盛り上がりを見せるアプリゲーム「ブラッククローバー 夢幻の騎士団」に引き続き、注目してほしい。

© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

この記事の画像一覧