森口博子「AnimeJapan」登場、名曲熱唱に「浄化された」

アニメ・声優 公開日:2018/03/26 126
この記事を
クリップ

3月22日から25日までの4日間、東京ビッグサイトにて日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan」が開催された。

沿道の桜も色づき始める陽気の3月24日には、RED STAGEにBS11の誇るアニソン番組「Anison Days」酒井ミキオ&森口博子が登壇。

若手アニソンシンガーからレジェンドまで幅広いゲストを招き、アニソンの名曲を様々なアレンジやカバーでお届けするだけでなく、知られざるエピソードを紐解いたり、ルーツを探ったり。さらには、コード進行や曲解説までもが分かりやすく届けられるという人気番組だ。





この日は同番組の初イベントということで、会場の熱気に「拍手の重みが凄い」と森口博子、酒井ミキオ共に興奮気味。そして、「魂たぎる時間にしたい」と1曲目に用意されたのは「シティーハンター」の名エンディングテーマ『Get Wild』だ。1曲目から迫力の生演奏と酒井ミキオの歌唱が観客を引き込むと、続けて届けられたのは「スペースコブラ」オープニングテーマ『コブラ』。しっとりと艶っぽい歌声で妖艶な同曲を歌い上げる森口博子の姿に、会場はすっかり虜になってしまうという最高の滑り出し。

さらに森口博子が32年ぶりの「Zガンダム」コラボとなる新曲『鳥籠の少年』(SANKYO「CRフィーバー機動戦士Zガンダム」使用曲)を熱唱すると割れんばかりの喝采がステージに向け届けられた。そして、この熱気をさらなる高みへと引き上げたのは、森口博子の代表曲の一つ、映画「機動戦士ガンダムF91」主題歌『ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜』。この流れだけでも十分に鳥肌が立つほどの素晴らしいステージなのだが、畳み掛けるように繰り広げられたのは森口博子・酒井ミキオのデュエットで届けられる説明不要の名曲、映画「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編」主題歌『めぐりあい』を熱唱。

圧巻の歌唱力と濃密なイベントの流れに飲み込まれた参加者からは「浄化された」「REDステージが燃えた!」「森口博子×酒井ミキオデュエットverめぐりあいを回収できていきなり元取れた感」といったツイートが続々と出されるなど30分のステージとは到底思えないほどの大感動フィナーレとなった。

歌では大きな感動、トークでは笑いだけでなくアカデミックな内容も語られるというこの日の『BS11 「Anison Days」 スペシャルステージ』。森口博子、酒井ミキオ共に「ゆくゆくはこの番組でフェスをやりたい」と語っていたが、是非とも早期の実現を願いたい

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)