LiSA 台湾アコースティックワンマン初日が大盛況

アニメ・声優 公開日:2017/12/10 13
この記事を
クリップ
}/

11月29日(水)にリリースとなったニューシングル『ASH』がオリコン週間CDシングルランキング初登場第5位(2017年12月11日付)を記録し、そして25,000名動員の全国13箇所のホールツアー「LiVE is Smile Always~LiTTLE DEViL PARADE~『そしてパレードは続く』」を終えたばかりのLiSAが、自身初となる台湾でのアコースティックワンマンライブ2Daysを開催、初日を9日、台北・Legacy Maxで迎えた。

今回は国内のアリーナやホールでのワンマンライブで演奏しているフルバンド形式ではなく、アコースティックギターとキーボードのメンバーとLiSA、というシンプルなアコースティックスタイル。アコースティック形式での開催にも関わらず、チケットは会場のキャパシティに対して用意された1,400枚が即Sold Out、LiSAの海外での人気を改めて知らしめるプラチナチケットとなった。





アコースティック、カラオケ歌唱を含め全16曲を披露した今回のワンマンライブ。年間通じて温暖な気候の台湾ですが、この日は珍しく冬の様相を呈した寒さ。それにも関わらず、ライブハウスの外が寒いなどと微塵も感じさせないファンの熱気に、LiSAも渾身のボーカルで応える。

ライブ本編が終了すると、会場内を埋め尽くす割れんばかりのアンコールでLiSAがメンバーを引き連れて再登場。代表曲『Catch the Moment』を、なんと中国語版の歌詞で歌う『Catch the Moment -Chinese ver.-』をドロップし、冬の台湾を一気にヒートアップさせます。そして、LiSA自身が握るアコースティックギターから掻き鳴らされるイントロリフで始まる『ONLY≠LONELY』で会場を温かい空気に変えると、満面の笑顔のLiSAから、重大発表が。

来年2018年から日本国内を含めたアジアツアー「LiVE is Smile Always~ASiA TOUR 2018~」を開催する事は既に発表されていましたが、その海外公演の開催国の第一弾情報がLiSAから直接発表された。

2018年、7月21日(土)にシンガポール、8月11日(土)に香港、そして8月18日(土)台湾・台北で開催される事が伝えられると、あまりの感激に涙するファンも出る程、会場内は歓喜と興奮で包まれた。台湾のLiSAファンに、来年まで続く特大のクリスマスプレゼントを渡し終えると、LiSAのキラーチューン「Rising Hope」を会場全員で大熱唱。LiSA本人、そしてオーディエンスのボルテージMaxの中、台湾Legacy Maxでのアコースティックワンマンライブ初日は、幕を閉じた。

2018年6月より、日本武道館2Days(東京)・大阪城ホール2Days(大阪)を皮切りに、シンガポール・香港・台湾とグローバルに駆け抜ける事が決定。さらに、海外公演はこの3カ国だけではなく、第二弾発表でまだまだ海外でのワンマンライブの開催が発表になるという事で、期待が高まる。

この記事の画像一覧

関連タグ