アニメ【薄桜鬼 黎明録】ED『花のあとさき』への想い!maoインタビュー

アニメ・声優 公開日:2013/06/26 9
この記事を
クリップ
}/

アニメ【薄桜鬼 黎明録】のEDテーマ『花のあとさき』をはじめ、多数のタイアップ曲を収録したmaoの3枚目となるニューアルバムが遂に発売!


ロック、ポップス、バラードなどバラエティーにとんだ楽曲と、maoの伸びやかに力強い歌声が聞けるアルバム、今回はmaoへ直接インタビューをし、作品の魅力を聞いた。




ーアルバムタイトルに込めた意味を教えてください。
オトノトビラを開けて歌い手としてだけではなくアーティストとして、もっともっと成長したい…という意味がこめられています。
ー今回新曲が4曲収録されていますが、それぞれについて解説をお願いします
01.Door
今まであまり歌ったことのない青春Rockを歌いたくて、作曲家のMeisくんにお願いしました。デモがあがってきた時、ドキドキして学生時代のキラキラとした感覚を思い出しました。歌詞は、凹んだ時に自分でも聴きたくなるような応援ソングにしました。
07.i loved you
王道のバラードが歌いたくて、安瀬聖さんにお願いしました。美しくてどこか儚いメロディに恋愛の歌詞をのせました。レコーディングでは、歌にどうやって想いをのせるか悩みました。哀しい、でもどこか満たされていて優しい気持ち。相手を想い、淡々と歌うというのを心がけました。
11.inhuman the world
MANYOさんの世界の中で歌を表現したくて「あたたかみのある曲をお願いします」
というなんとも抽象的なお願いをして作っていただきました。この曲もいままでのmao曲にはなかったタイプでとても新鮮な気持ちで歌わせていただきました。
12.オトノトビラ
はじめての作曲に挑戦させていただいた曲です。今回のメインテーマ『オトノトビラ』を開けるべくアレンジも自分でやらせていただきました。ピアノを弾かせていただくのも初めてでとにかく、一生忘れられない曲になりました。
ータイアップ曲で思い入れのある曲はありますか?またそれはどんな事ですか?
アニメ薄桜鬼 黎明録のEDテーマ『花のあとさき』です。仲良くさせていただいている
霜月はるかちゃんが作曲で薄桜鬼シリーズではいくつも歌詞を書いていただいている
森由里子さんの歌詞。大好きなお2人と音楽を創るということだけでもスペシャルで幸せだったんですが薄桜鬼という作品に関わらせていただいてから本当に素敵な出逢いがたくさんあって…やっぱり私の中で薄桜鬼は特別です。
ー通算3枚目のアルバムとなりますが、今作でこれまでにないおすすめの楽曲というのはありましたか?
うーーーーん…これまでにない曲ばかりで悩みますが私個人的には、1曲目の『Door』がお気に入りです!朝聴くとテンションあがります!ネガティブな私だからこそ歌える
前向きソングなんじゃないかと自負しております(笑)。
ー作詞をされていますが、どのような作詞方法をされていますか?
ほとんどが曲先なので曲のイメージを噛み砕くということろからはじめます。タイアップ曲であれば、物語に添って今回書き下ろしの新曲は、それぞれ書きたいテーマが始めからあったんですが『今、何を伝えたいか』ということを何度も自問自答しました。
ーCD発売記念のフリーイベントが行われますが、意気込みをお聞かせください。
やっぱり生歌をお届けできるというのは最高に幸せな瞬間です♡生ならではの息づかいや臨場感はCDでは味わえないと思います!想いのこもった歌をお届けしたいです。
ーファンの方へメッセージをお願いします。
3rdアルバム『オトノトビラ』今まで1番「素のmao」を感じていただける作品になっていると思います。ぜひぜひ聴いていただきたいです!そして、発売記念イベントでお会いしましょう♪
【CD発売記念イベントが決定!】
6/29(土)
神奈川県・ ららぽーと横浜店 セントラルガーデン 
6/30(日) 
神奈川県・たまプラーザテラス ゲートプラザ 1Fフェスティバルコート 
7/13(土) 
神奈川県・アリオ橋本 1階グランドガーデン  ※TVK「ありがとッ!」公開録画ライブ
★上記各地にて観覧無料のミニライブを開催。当日CDをご購入の方を対象にサイン会を開催します。
7/20(土) 
アニメイト横浜店  
★CD購入者対象イベント

この記事の画像一覧