「オトメコンサート2015」に熱狂的な女性ファンが殺到!

アニメ・声優 公開日:2015/10/21 28
この記事を
クリップ
}/

10月18日、Zepp Tokyoにて「オトメコンサート2015」が開催された。

アニメ、ミュージカルなど様々な展開をみせている、人気女性向けゲームブランド「オトメイト」の作品の音楽コンサート。昨年は「薄桜鬼&AMNESIAコンサート」が開催され、今年はさらに演奏タイトル数を拡大しての開催となった。

出演アーティストは、多数のオトメイト作品の主題歌、エンディング曲を担当している、吉岡亜衣加織田かおりmaoの3人。
会場には、熱狂的な女性ファンが多く詰め寄せた。





1曲目は3人で登場。『はらり』(PS2ゲーム「薄桜鬼 新選組奇譚」OPテーマ)を3人のコラボレーションで歌い幕をあげた。

続いて、織田かおり『Reverberation』(PSVita 「AMNESIA V Edition」OPテーマ)、mao『ナツソラ 』(PSP「夏空のモノローグ」 OPテーマ)とノリのよい楽曲が続き、一気に会場のテンションは上がっていく。

ライブならではのノリのよい楽曲はもちろん、しっとりと聴かせる楽曲も多数あり3人の歌姫の歌唱力でぐいぐい観客をひきつけていく。

当初発表されていたゲームタイトル以外の楽曲を歌うというサプライズなコーナー企画もあり、客席からは歓声があがる。

また、ライブ後半では3人の歌姫のコラボレーションコーナーが展開。mao吉岡亜衣加による『茜空に願ふ』(TV アニメ「薄桜鬼 碧血録」EDテーマ)、織田かおり吉岡亜衣加による『始まりの記憶』(PSP「AMNESIA LATER」OPテーマ)などのバラード曲では、アコースティックアレンジで演奏され、その圧倒的な歌唱力で客席を魅了した。

ラストでは、吉岡亜衣加織田かおりmaoの3人による『十六夜涙』(TV アニメ「薄桜鬼」OPテーマ)を熱唱。豪華絢爛なステージングに観客は総立ちとなった。

アンコールでは、「ぜひ来年も開催したいね」と次回への願望と意気込みを語り、2時間30分にわたったライブイベントは幕を閉じた。