“巨人”が関西各地に進撃中!大阪市内バス停付近か?

アニメ・声優 公開日:2015/08/21 2
この記事を
クリップ
}/

2015年9月11日(金)よりグランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタルにて「進撃の巨人展 WALL OSAKA」が開催される。


その開催地である大阪梅田に向け、京都・奈良・神戸・難波など関西各地への巨人進撃情報が号外配布にて伝えられてきたが、いよいよ大阪市内に巨人が出現することがわかった。



8月24日(月)より2週間、巨人がそれぞれのバス停付近に現れた場面を描いた34種のポスターが大阪市内バス停33ヶ所に掲示される。

一部のポスターでは、ある角度から見ると、まるでその場に巨人が出現しているかのように見える仕掛けが施されており、目撃情報が増加するのは必至だ。

その他、スパワールド(大阪市天王寺区)や、ひらかたパーク(大阪府枚方市)には「巨人に食べられる自撮りWALL」が登場! 恐ろしい巨人との撮影を楽しむことができるという。

2014年11月から2015年1月まで上野の森美術館からスタートし、2015年8月1日より大分美術館で開催中の「進撃の巨人展」は、大迫力のオープニングシアターやこだわりの原画展示、思わず息を飲む超大型巨人展示などが話題を呼び、計25万人以上を動員し空前の盛り上がりを見せているイベント。

東京、大分に続いていよいよ関西に現れる「進撃の巨人」の世界に期待が高まる。



●ついに大阪市内に巨人が出現! 大阪市内バス停 ポスター展開詳細
掲出場所:市内33 ヶ所のバス停
※詳細は「進撃の巨人展 WALL OSAKA」公式サイト「Special」にて公開
掲出時期:8月24 日(月)朝より随時掲出

●「巨人に食べられる自撮りWALL」展開詳細
①スパワールド(大阪府大阪市 浪速区恵美須東3丁目4-24)
3 階岩盤浴入口横
8 月20 日(木)~9 月30 日(水)
②ひらかたパーク(大阪府枚方市 枚方公園町1-1)
進撃の巨人×リアル脱出ゲーム「巨人に包囲された遊園地からの脱出」内
7 月24 日(金)~9 月6 日(日)

●「進撃の巨人展 WALL OSAKA」開催概要*
タイトル:進撃の巨人展 WALL OSAKA
日 時:2015年9月11日(金)~2015年10月18日(日)※無休
※2015年9月11日(金)・12(土)・13日(日)の3日間は、日付指定券のみの販売となります。
会 場:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
主 催:「進撃の巨人展」大阪実行委員会
U R L:http://www.mbs.jp/kyojinten_osaka/

【主要展覧会展示内容(現在公開可能な情報)】
「進撃の巨人」の魅力は、作者・諫山創の描き出す独特な世界観にあります。人類を捕食する謎多き「巨人」という存在、「巨人」の侵入を阻む高い「壁」に囲まれた街、「巨人」に対抗するために開発された「立体機動装置」。原画の展示はもちろん、まるで本物の「巨人」のような立体造形、音や衝撃を駆使した大型映像、最新の映像技術による立体映像体験など、原作から生まれた平面世界にとどまらない迫力を、ぜひ全身でご堪能ください。

*リアルスケール超大型巨人*
原画展史上空前の造形展示。1分の1リアルスケールで「超大型巨人」を立体造形化し、まるで物語の世界に足を踏み入れ、本物の「巨人」に遭遇したかのような恐怖を演出します。立体的なオブジェクトだけが訴え得る迫りくる恐怖は、会場を離れた後も印象深く残り、物語にリアリティーを与え続けます。

*生原画 + 諫山創 特別描き下ろしを約100点展示*
諫山創の作品世界が生まれるプロセスに触れることができる、約100点の生原画を展示します。「進撃の巨人」の原画展示は、本展が初となります。また、本展のために特別に描き下ろした原画も同時公開いたします。

*オープニングシアター「大阪、陥落の日」*
入場後、一気に「進撃の巨人」の物語世界へと誘う、全身体感型オープニングシアター。一人の「人類」である観覧者は、そこで初めて「巨人」と遭遇し、その恐怖と絶望を体験することになります。映像、音声、振動などのギミックが見る人を刺激し、シアターを超える体験を提供します。

* アニメ声優による音声ガイド*
場内の展示をより深く楽しんでいただくために、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣とり下ろしの音声ガイドをご用意しています。出演は、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジの5人(予定)人気のキャラクターと一緒に展示を回遊する感覚が味わえる、ファン必携のガイドです。

*360°体感シアター“哮(こう)”*
調査兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感を体験できる、『Oculus Rift』(*)による360°の3D シアターです。最新の映像技術が「進撃の巨人」の物語空間を出現させ、実際に「立体機動装置」で飛んでいるような圧倒的な没入感を味わえます。現在の映像技術ではこれ以上ない、「進撃の巨人」の仮想現実空間です。

**Oculus Rift(オキュラス・リフト)*
アメリカのOculus VR社が開発・製造したバーチャルリアリティー(以下 VR)のヘッドセット端末。広範な視野にわたって3D映像が映し出され、頭部の動きや傾きに応じてVR空間が変化することにより、まるで自分が本当にその空間の中に居るような錯覚を感じることができます。
※音声ガイドと 360°体感シアター“哮”は、入場料と別に料金がかかります。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会