カトパン似の芸人 餅田コシヒカリ、ダイエット成功で日記を書籍化
元フジテレビアナウンサー加藤綾子に“似ている”と評判の松竹芸能所属の芸人・餅田コシヒカリが、「15kg以上痩せたらダイエット日記を書籍化」という条件で、昨年9月からダイエットに挑戦。話題のMEC食ダイエットやさまざまなトレーニングにより、今年1月、体重マイナス22kg、ウエストマイナス30cmのダイエットに成功した。 ついては公約通り、2月28日に餅田初の書籍「4ヵ月でここまで痩せました! 餅田コシヒカリのダイエット日記」をぴあ株式会社より発売。Amazonにて予約開始となった。 本書の内容は、失敗すれば書籍化はボツというプレッシャーの中、4か月間、必死に頑張ってきた姿を、彼女自身が綴るリアルな日記とデータ。停滞期で自己嫌悪、そばをうっかり食べて激しく後悔、半身浴のためにのお風呂で水道代にビビり、入らなかった洋服が着れるようになってハイテンションで大喜び……つらかったこと、悔しかったこと、嬉しかったことをセキララに書きつづる、等身大の彼女の言葉に共感すること間違いない。 もちろん今回挑んだ肉・卵・チーズをきっちり食べるMEC食、ウォーキングや自宅トレーニングも加えたダイエット方法もしっかりと紹介。これまでダイエットを諦めていたポッチャリ女子を、どのダイエット本よりも勇気づける1冊となっている。 2月某日、書籍化発売を記念して、まだダイエット継続中の餅田のために、MEC食ダイエットを楽しく実践できる肉とチーズのお店でお祝い。お店自慢の白カビチーズやウォッシュチーズを堪能したあとは、メインの肉料理へ。「シャルキュトリー全部盛り」「レバーペースト」「鴨肉のコンフィ」に舌鼓。周囲が食べているバゲットやポテトは我慢しつつも、お腹いっぱい肉とチーズを堪能した。 「MEC食ダイエットはしっかり食べることができるし、調理方法もいっぱいあるので私でも続けられましたダイエット中はTwitterでたくさんの人からアドバイスや励ましのコメントをいただいて、とてもうれしかったです。痩せてからよりカトパンに似てると言われるようになりました!」と語る餅田。ぜひ今後の彼女の活躍にも注目してほしい。