松坂桃李が微笑みを湛えて降臨、映画「娼年」場面写真公開
2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李×三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となる(配給:ファントム・フィルム)。 今回、松坂桃李演じる”娼夫”リョウの場面写真が公開となった。 1点は、客の女性に穏やかにやさしく微笑むリョウを切り取ったもの。もう1点は、緊張した面持ちで相手の女性の話に聞き入っている姿。 どちらも、大学生活や女性との関係に退屈しバーテンダーのアルバイトに明け暮れ、「女なんてつまんないよ」と言っていた頃の領とは全く違う表情を見せている。客の女性たちの心の奥底に潜む想いを受け止め、彼女たちの欲望を解放していくことで、少しずつ”娼夫”リョウが洗練されていく様子が垣間見られる。本作では、リョウが”娼夫”の仕事を通じて、娼夫としても人としても成⻑していく姿を描き出していく。そんな変化をときには鮮烈に、ときには繊細に表現する松坂桃李の演技に注目したい。 また、2月10日(土)より、特典付きムビチケカード(1400円)が発売される。特典は、場面写真2点のほか、スペシャルショット1点をあわせたオリジナルポストカード3枚セット(数量限定)となる。取り扱い映画館などの詳細は、映画公式サイトへ。 ■映画「娼年」 4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー (C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会