チームしゃちほこ「鯱詣2018」を開催 新曲初披露
名古屋発アイドルグループ、チームしゃちほこが地元愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホールにて、鯱詣2018年を行った。 今年の鯱詣はメンバー5人のうち、坂本遥奈以外の4人が成人式を迎えたということで、開場時からロビーでも成人式を祝う演出がされるなど、お祝いムード一色の中、定刻18時におなじみの「SONG2」が場内に鳴り響き、続く新オープニングテーマ『ういろう・ザ・チャンピオン』で秋本帆華から順番に5人がステージ上に登場、成人式を意識した振袖衣装に身を包み、この日の為に用意された『セイジンユニバース』を初披露。そして、秋本が「鯱詣!踊る準備はできてるか!ご一緒に!」と呼びかけチームしゃちほこのめでたいSONG『J.A.N.A.I.C.A.』へと、ステージ後ろには紅白の幕が下り、お祝いムードを演出、最初のMCでは、伊藤千由李がいつもの「こんにちゆー」コールを、4階席から1階席まで煽り自己紹介コーナーへ。 成人式の話になり、秋本は紫の、それ以外の3人は赤の振袖を着たことを紹介、「今日はみんなそのときと違う振袖着れたね」と言いながら「実はこの振袖を脱ぐと下はなんと新曲JUMP MANの衣装なんです!ステージでは今日が初披露!この曲は幸せの使者の歌で、幸せの使者はみんなの周りにいて、家に帰ったら家族だったり、学校行ったら友達だったり、今日だったら私たちにとってみんながJUMP MAN、そしてみんなにとって、わたしたちがJUMP MANにいつかなれたらなって思っています。とっても幸せになれる歌です、たくさんジャンプするから飛んでね!」と2月28日発売のニューシングル『JUMP MAN』を初パフォーマンスした。 『眠れないナイNIGHT!』の後には、ステージにCBC永岡歩アナウンサーが登場、放送後にお腹すいたという体でピザの注文で電話し、『ピザです!』へ、メンバーはピザ店員風のサンバイザーを被ってパフォーマンスした。激しい雨音が鳴り響く中「ここからもっと盛り上がるぞ!」という咲良が煽りとともに、この日3曲目の初披露曲『雨天決行』でさらに攻撃的に。畳み掛ける楽曲の中、『NIGI² WONDERLAND』では衣装はホワイトとシックなシルバーの新衣装に着替えて登場、ステージセンターにはミラーボールが登場した。 2度目のMCで秋本が「衣装変えました、メンバーカラーのない衣装ははじめてじゃない?」と切り出し、今日の感想へ。坂本は「今年初のワンマンが、名古屋で、やっぱりホームは違うなって思いました。名古屋だとチームしゃちほこは輝けます!名古屋と言えば、しゃちほこだって言ってもらえるように頑張ります!」。咲良は「成人式という節目に鯱詣ができて本当に嬉しかったです、今日は新曲3曲やったり、いろんなチャレンジをしたライブでした。こんな風にいろんなことにチャレンジしていく年にしたいと思いますので2018年もよろしくお願いします!」と続き、伊藤は「今日は一段と緊張してたんだけど、ステージに出たらみんなの顔見て安心して、あらためてみんなJUMP MANだって思いました、みんなでめでたい日にできたので2018年もハッピーな一年になるなって思えました、ありがとうございました」と笑顔で応え、大黒は「ナゴヤドームの目標はすぐ行きたいけど、もっともっといい意味で遠回りして、もっともっといろんな挑戦をして成長したいと思うので、ずっとしゃちについてきてください」と呼びかけた。秋本は「踊ってるうちに20歳の目標を思いつきました!チームしゃちほこが日本一のJUMP MANになります、そして全国の地上波に出て、春ツアーで幸せを振り撒きます!今日はみんながJUMP MANでした!」と締め、終盤へ。 最後のMCでは「目標であるナゴヤドームに向けて、そして結成時からの夢である“名古屋名物”になることに向けて、名古屋はもちろん、全国にもどんどん出て行って、 ひとまわりもふたまわりも大きくなって、ちゃんと名古屋に恩返しできるグループになりたい」と想いを話した。また、グループの立ち上げから関わっていたマネージャーの手を離れて今年から新体制として動き出したことを伝えた。 この鯱詣2018は、来週2月10日Zepp Tokyoでも開催される。また、2月28日にリリースするニューシングル『JUMP MAN』を記念し発売WEEKに各地でイベントを実施、週末には3月3日(土)地元名古屋、4日(日)には東京での発売記念フリーイベントも決定、3月21日からは過去最大規模の全国ツアー“SPRING TOUR 2018 〜日本中でJUMP MAN!?幸せの使者は君だッ!〜”で全国を回るほか、昨年に続き、地元名古屋にて6月24日に自身主催によるアイドルフェス“SYACHI FES 2018”を開催する。