ラ・フランスヒップで人気のグラドル、佐々木麻衣が引退を発表
2012年に「5代目ミスマリンちゃん」に選ばれ、そのくびれからのヒップのラインが洋梨のようだと”ラ・フランスヒップ”として、グラビアでも活躍、近年は故郷である徳島県「東みよし町親善大使」としても活動していた佐々木麻衣が、1日更新したブログで芸能界引退を発表した。 ブログでは「ここで大切なご報告があります。私、佐々木麻衣は今年3月末をもちまして芸能界を引退することになりました。突然のご報告となってしまい本当に申し訳ありません。」と切り出した。 「当時OLをしていた私ですが、21歳になる前日にスカウトをされ、思いがけないきっかけで180度違う世界に飛び込みました。今まで見た事のない世界。夢に見ていた景色を肌で感じる事ができ、刺激はもちろん、毎日とても充実していました。だけど、その反面、今だから言えますが、心と体が追いつかず、何度も何度も挫けそうになった事もありました。」と振り返った。 Twitterでは「温かいメッセージありがとうございます。そして、突然のご報告で本当にごめんなさい。 引退報告の記事をアップする直前、これで終わる…と思うと寂しさが込み上げ、なかなか押せなかった。でも、やっとご報告できて少しスッキリした気分もあります。残り2ヶ月間みんな宜しくね‼️」と綴り、ファンへメッセージを贈っている。 168cmの長身でお嬢様タイプの端正な美人。スレンダー体型ながら、魅力的なヒップは観る者を虜にし、7枚のDVDを発売した。あと2か月足らずとなった芸能活動、悔いのないように務め上げてほしい。