出演オファーはすでに20番組超え テレビ番組の”YOSHIKI争奪戦”
YOSHIKIは現在、極寒の地ロシアのモスクワとサンクトペテルブルクで、映画「WE ARE X」公開に合わせ現地でのプロモーション稼動真っ最中。2月にはロシア主要都市でなんと100館以上もの劇場で映画公開が決定しており、現在プレミアへの参加や、連日分刻みのメディア取材で時間に追われる日々を送っている。今回の催しは2018年の日露親善のイベントとしても認定されており、YOSHIKIは駐露日本大使とも国際貢献について会談した。 そんな中、本人不在のここ日本でも今、YOSHIKIの稼動スケジュール獲得に動くメディアの凄まじい争奪戦が繰り広げられている。今年に入ってまだ1カ月足らず、YOSHIKIの元にはすでに20本以上もの出演依頼が殺到しており、次回の帰国タイミングに合わせ主要キー局が皆、我先にと名乗りをあげている。 YOSHIKI は2月には北米、及びヨーロッパでの稼動が控えており、この後も相変わらず世界中を飛び回る生活が続いていく模様。そんな中、3月下旬に予定しているという日本への一時帰国では、いくつか番組への出演の可能性も出てきているようで、現在マネージメントがスケジュール調整に動いている様子。本人も年末年始の番組出演が楽しかったようで、時間に限りはあるが前向きに考えているようだ。 4月には、X JAPANがあのビヨンセやエミネムらビッグアーティストたちと肩を並べ、アメリカ・カリフォルニア州で行われる世界最大級の「コーチェラ・フェスティバル」へ出演する事が発表されており、先日大きなニュースになったばかり。世界を舞台に活動するアーティストだからこそ持つ“スケールのデカすぎるギャップ”に、今世間もメディアも目が離せなくなってしまっているのかもしれない。