48グループ成人式コンサート メンバーのコスプレにファン熱狂
「AKB48グループ 成人式コンサート~大人になんかなるものか~」と題したコンサートが、TOKYO DOME CITY HALLで行われた。 1月8日に成人式を終えたばかりのメンバーが集結したのだが、これまで同い年だけのメンバーでコンサートを開催したことは無く、AKB48の歴史の中でも初めてのことである。しかもメンバーはAKB48から向井地美音、NMB48から白間美瑠、HKT48から宮脇咲良などグループの中心として活躍しているメンバーがこの世代である。成人式当日に宮脇は自分たちの世代を黄金世代と言っていたのだが、まさにその名の通りのメンバーが大集結した。 オープニングでは、メンバー全員が赤をベースにした振袖姿で登場。宮脇の挨拶から始まり、記念すべきオープニング曲は、きゃりーぱみゅぱみゅの『ふりそでーしょん』からスタート。続いて各グループによる楽曲の披露が行われ、AKB48が『スイート&ビター』、SKE48が『美しい稲妻』、NGT48が『幼稚園の先生』、STU48が『雨の動物園』、HKT48が『Ambulance』、NMB48が『ピーク』を歌ったのだが、各グループが職業をテーマにしたコスプレをして歌う試みを見せてくれた。メンバーのコスプレはこれまでのコンサートでありそうで無かったことなので、こういうサプライズもファンにとって嬉しいことである。 ユニットコーナーでは、かつて大堀恵と河西智美が歌った禁断のレズソングと言われた『おしべとめしめと夜の蝶々』を岡田奈々と村山彩希が挑戦、なんと曲の最後に濃厚なキスシーンを見せ、客席から大きなどよめきが起こった。本家のエロさをしのぐステージを見せてくれた。さらに夢のコラボレーションが続き、どのシーンも新鮮であり、かつ斬新な組み合わせで、集まったファンを休ませる間もないほどのステージを展開してくれた。終盤になると『LOVE TRIP』『君はメロディー』『♯好きなんだ』とAKB48のキラーチューンが続き、最後は『光と影の日々』で幕は閉じた。 場内が暗転するとアンコールとして、客席から成人メンバーを祝うために、出演者全員の名前がコールされた。そのファンの声に応え、メンバーが再びステージに登場。アンコールでは、AKB48の『After rain』、NMB48の『てっぺんとったんで』、HKT48の『大人列車』と3曲を全員で歌うのだが、メンバーが全フロアの客席に登場して歌うサプライズが行われた。ファンとの距離の近さを見せてくれたことで、会場はこれまで以上の笑顔が満ち溢れた。そして 最後は『LALALAメッセージ』を歌い成人式メンバーのコンサートの幕は閉じた。 宮脇の宣言通り、まさにこのコンサートが黄金世代の幕開けとなったのではないか。今年の選抜総選挙では、この世代のメンバーで1位を争うようなこともありそうだ。2018年の黄金世代にこれからも大きな注目が集まりそうだ。 <成人式コンサート参加メンバー> 向井地美音、湯本亜美、飯野雅、岡田奈々、北澤早紀、小嶋真子、高橋朱里、 村山彩希、舞木香純、清水麻璃亜、髙橋彩音、小田えりな、佐藤栞、大西桃香、 廣瀬なつき、稲垣香織、日高優月、熊崎晴香、佐藤佳穂、岡田美紅、古賀成美、内木志、加藤夕夏、白間美瑠、石塚朱莉、神志那結衣、植木南央、熊沢世莉奈、冨吉明日香、 宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、太野彩香、中井りか、村雲颯香、奈良未遥、西村菜那子、宮島亜弥、瀧野由美子、森香穂 取材・文:ブレーメン大島 写真:ⓒAKS