"癒しの存在" 高橋一生が「ゆがんだところも、愛す。」
ヘアケアブランド「ディアボーテHIMAWARI」が、俳優の高橋一生をイメージキャラクターに起用することがわかった。 新キャッチコピー「ゆがんだところも、愛す。」を軸にプロモーションを始動。人間、誰しもまっすぐではない部分、キレイではない部分を持っていているが、この“ゆがみ”を受け入れ、目を向けていきませんか、というメッセージが込められている。 演技力の高さはもちろんのこと、30~40代の女性から癒しの存在としても絶大な人気を誇る高橋が女性の悩み“ゆがみ”を肯定する役どころを演じ、そういった“ゆがみ”も愛そうよ、と女性にやさしく投げ掛ける。 内面的なゆがみは高橋が受け止め、“髪のゆがみ”には「ディアボーテHIMAWARI」が応える、というストーリーで、TVCMなどの広告・キャンペーンや店頭プロモーションが展開される。