石原さとみの内蔵や骨が透けて見える?
TBSでは、今月12日(金)よる10時からスタートする金曜ドラマ「アンナチュラル」のプロモーションの一環として、特殊広告「新宿で解剖医体験?!隠れたアンナチュラルを見つけ出せ!」を、放送に先駆けて今月8日(月・祝)から14日(日)の期間限定で、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて掲出する。 ドラマは、石原さとみ扮する法医解剖医・三澄ミコトらUDIラボ(Unnatural Death Investigation laboratory=「不自然死究明研究所」)で働くメンバーたちの人間ドラマを中心に描きながら、「死」の裏側に潜む謎や事件をスリリングに解明していく一話完結の法医学ミステリー。 今回、掲出される広告では、ポスタービジュアルの横に、UDIラボのメンバーである三澄ミコト(石原さとみ)、中堂系(井浦新)、久部六郎(窪田正孝)、東海林夕子(市川実日子)、神倉保夫(松重豊)の全身カットが並べられている。これだけでも思わず写真を撮りたくなる代物だが、この5人のカットをスマートフォンやデジカメなどでフラッシュ撮影すると、なんと5人の骨や内臓が浮かび上がるのだ。特殊な印刷技術を活用した、前代未聞のキャストのカラダをそのまま貼ってさらけ出す、仕掛け付きのカラダを張った特殊ポスターとなっている。 また、5人の中には骨折している人が隠れているとのこと。フラッシュ撮影でその“アンナチュラル”な骨折箇所を発見して、Twitterでその画像と「#アンナチュラル発見」のハッシュタグを付けて投稿すると、抽選で出演者のサイン入りポスターがプレゼントされる。詳しくは番組公式ホームページまで。ぜひこの機会に、まるで解剖医になったような不思議な体験を楽しんでみてはいかがだろうか。 (C)TBS