SKE48荒井優希&1月末卒業の髙寺沙菜 京美人はんなりショットにほっこり
「FLASHスペシャル グラビアBEST 2018年新春号」(光文社・12月25日発売)では、AKB48グループ公式音ゲーとコラボした「夢応援グラビア」で各グループの優勝者のグラビアを大公開している。 SKE48部門は、京美人の仲良しコンビ、髙寺沙菜と荒井優希が第1位となった。「ユニットじゃんけん大会」では、「京都観光案内所名古屋支店」というユニット名で参戦。SKE48メンバーながらどちらも京都出身というはんなりコンビは、髙寺が来年1月末で卒業を発表し、2人でのグラビアはこれが最後となりそうだ。2人はTwitterで「FLASHスペシャル」の発売日までを毎日カウントダウンする動画を投稿。待ちに待ったグラビア公開となった。 ―2017年はどんな年でしたか? 荒井 この2人で京都のお仕事をいただいたのが大きかったです。 髙寺 そのきっかけになったのが、2人で京都を旅行したことなんです。その様子をSNSにアップしたら、地元の企業の方が見てくださって。お仕事につながったんですよね。 荒井 そう。浴衣を着せてもらったり、ラジオに出たりね。 髙寺 個人的には、ラジオのお仕事をいただけるようになったのが嬉しかったです。そのおかげか、「話すのがうまくなった」って褒められるようになりました。 荒井 私はやっぱりAKB48選抜総選挙でランクインできたことかな。’16年は速報には入っていたけど、結果は圏外でした。その経験があったから不安だったけど、’17年は速報でも入れたし、開票結果でも名前を呼ばれるこちができて、ファンの方を信じてよかったなと思いました。 インタビューの全貌、その他のグラビアは「FLASHスペシャル グラビアBEST 2018年新春号」でチェック!クリックで購入へ