関ジャニ∞村上信五が「今年一番の仕事」と絶賛したメンバーとは?
12月29日(金)、2日後に「第68回NHK紅白歌合戦」本番が控えるNHKホールで、一際賑々しくリハーサルに挑んだのは、関ジャニ∞の面々。今年の出演には『なぐりガキBEAT』を引っさげ、NHKホールを所狭しと駆け巡るだけでなく、本番向けのサプライズ演出や異色のコラボも? リハーサル後、取材に応じる様子からも今回の紅白に対する意気込みは十分に感じ取ることが出来、記者からの「丸山さん、今年も素敵なスーツですね」といった言葉には、丸山隆平が「今年も新調しました!」と即座に反応。 また、今年はやはり5月に出演した音楽フェス「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL」の印象が強いようで、村上信五と記者のやり取りからは幾度となく、「音楽的にも充実」「満足」「素晴しい一年」といったワードが飛び出した。さらに年々増加する男性ファンの存在についても「フェスでも声あげてもらってホントに。やっぱり同性に応援してもらえるのは嬉しいですね」と渋谷すばるがその喜びを代弁した。 最後に記者から「今年の漢字を一文字で表現すると?」との定番質問には、丸山が「ここ一番使われるとこや」とハードルを上げたが、安田章大はこのテーマに対し「初」と解答。これに渋谷が「関ジャニ∞も13年目になりますが、まだまだ初めての体験がある。これからもこういった経験を大事にしていきたい」と満点の解答を出すと、村上も「うん。綺麗に締まった。今年一番の仕事した」と満足気なコメントで笑いを誘った。 なにやらリハーサルから例年以上に気合十分と言った勢いの関ジャニ∞。この調子では、本番は異次元の盛り上がりとなるに違いない!