渡辺麻友最後の紅白 センター曲でAKB48人生終われたら最高
第68回 NHK紅白歌合戦のリハーサルが29日から始まり、今年で10回目の出場となるAKB48もリハーサルを行った。 今回は視聴者のリクエストで披露する楽曲を、本番当日発表するという前代未聞の企画だが、リハーサルを行う楽曲もその場でくじ引きして3曲を決めた。横山由依グループ総監督が”神の手”で選んだ3曲は『大声ダイアモンド』『ほねほねワルツ』『11月のアンクレット』の3曲。 横山は「いやあ、”ほねほね”引いちゃったなあって思ったんですけど、でも昨日みんなでリハーサルを深夜までやったので、心配なくできたよかったです」と胸をなでおろしたが、本番1位で、2位が『11月のアンクレット』だったら?と問われ「そうしたら、アンクレットではマイクを置かないで『ほねほねワルツ』の最後に置きます」とにっこりすると、指原は「うそーやだよー」と納得いかない様子。柏木は「ひゃひゃー」と喜んでいた。渡辺は「それでAKB48人生終わり(笑)」とおどけていた。「もちろん私の最後のセンター曲の『11月のアンクレット』で終わりたいです」と本音を語った。 現在ベスト10に残っている楽曲のなかで、指原センター曲が『#好きなんだ』『恋するフォーチュンクッキー』、山本センターが『365日の紙飛行機』、宮脇センターが『希望的リフレイン』、松井は『大声ダイアモンド』がデビューと、それぞれ思い入れのある楽曲がランクインしているが、みんな「まゆゆ(まゆさん)の最後のステージのため、笑顔で全力パフォマンスしたい」と、”AKB48のまゆゆ”の本当の最後の瞬間を輝かせるため、メンバー一丸となることを誓った。