中村静香 2018年は「恋も仕事も前のめりに!肉食系で(笑)」
“童顔巨乳”の代表的なグラドルとして人気を博している中村静香。グラビア以外にもバラエティ番組やドラマなど多岐にわたって活躍中で、最近ではテレビ東京系の深夜バラエティ『ゴッドタン』の企画「飲み姿カワイイ選手権」でのキュートすぎる酔い姿が殿堂入り、それがきっかけで同系列局で冠番組『中村静香、相席します。』が放送されるなど大きな話題を集めた。そんな彼女の写真展「photo exhibition NAKAMURA SHIZUKA Photographed by YOKOUCHI SADAHISA」が23~26日に東京・渋谷のtokyoartsgalleryで開催。開催初日となった23日に同所で記念イベントが行われた。 9月20日に発売されたDVD&ブルーレイ『クラクラしずか』(ラインコミュニケーションズ)で撮影された写真から、未掲載の写真を選りすぐり34カットの写真を展示している同写真展。自身初めてとなる等身大の写真は入札となるが、その他の33カットはすべて購入することができるという。 写真展のイベントに登場した中村。展示された写真1枚1枚をじっくりと見ながら「本当に私の良さが出た写真ばかりですよ。このような大きい写真を見ることがなかったので、こういう機会をいただいて本当にありがたく思っています」と嬉しそうな表情。34枚の写真の中でとりわけ目立つ等身大のカットについては「これはエントランスで歩いた写真なんですが、この時に着た水着は現場でも好評でした。これが等身大に選ばれてすごくうれしく思っています」と解説し、「撮影していただいた横内貞久さんにはかなり信頼をおいているので、仕上がりを見ても本当にお気に入りばかりです。すべての写真が購入可能らしいので、ファンの方に喜んでいただけると思いますよと笑顔を見せていた。 年末のイベントということで、2017年について回顧してもらうと「本当にありがたい1年で、バラエティにグラビアにお芝居にと、幅広くやらせてもらった1年でした。飲みロケも頻繁に入ってきたし、ある日突然飲む冠番組(『中村静香、相席します。』)もできて、棚ぼた的でしたが本当にうれしかったです」と充実感のある1年だったようだ。そんな彼女に来年の抱負を問うと「お酒を通して人と繋がる楽しさを覚えたので、お酒を潤滑油として人とかかわっていきたいと思います。でもプライベートでは、甘え上手になっても自分に返ってきてないから、そこは寂しいかな(笑)」と苦笑い。「29歳でもあるので、恋も仕事も頑張っていきたいです。前のめりになりたい気持ちはありますよ。29歳だから肉食系で(笑)」と恋愛には意欲的のようだった。