けやき坂46 ケガの柿崎芽実もステージへ、全員でツアー完走
けやき坂46(ひらがなけやき)「ひらがな全国ツアー2017 FINAL」が12日、13日幕張メッセで行われ、最終日も7,000人のファンが詰めかけ、2日でのべ14,000人が”ひらがなけやき”の世界に酔いしれた。 胸高鳴る「OVERTURE」のあと、彼女らの単独初のオリジナル曲『ひらがなけやき』からスタート。『語るなら未来を…』『世界には愛しかない』を熱唱。次のピリオドでは1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録の曲のユニットナンバーを披露。『ここにない足跡』『AM1:27』『猫の名前』『沈黙した恋人よ』を立て続けにパフォーマンス。 つづいて今ツアーでマーチングバンドやジャグリングの一種”ポイ”、タップダンス、洋楽カバーなど新しいことに挑んだ彼女たちが、ファイナルの幕張2DAYSで挑むのは、それらすべてを盛り込んだ「パフォーマンスメドレー」。パフォーマンスの総まとめに喝采が飛んだ。 ここでけやき坂46 2期メンバー金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂が登場し、会場は一気にヒートアップ。ひとりずつピックアップで紹介される、9人が他己紹介でメンバーの意外な一面を話すとそのたび大きな歓声に包まれた。そして、20人となったけやき坂46初となる楽曲『NO WAR in the future』を初パフォーマンスした。 佳境に入った彼女らの主演ドラマ「Re:Mind」の撮影ウラ話を交え、主題歌の『それでも歩いてる』をパフォーマンス。ライブ終盤は『東京タワーはどこから見える?』『永遠の白線』とつづき、『手を繋いで帰ろうか』ではスタンドにメンバーが登場、ファンの間近で歌い踊り、大いに盛り上がると、佐々木久美が「幕張ファイナル飛べー!!」と絶叫、ライブで熱狂的に盛り上がる『誰よりも高く飛べ!』を全力パフォーマンス。『太陽は見上げる人を選ばない』を歌い上げ、本編は終了。 緑のサイリウムが揺れ、”けやき坂・46!!”のコールが会場を包む中、アンコールの声にこたえたメンバーはキュートなクリスマス雰囲気いっぱいのもふもふ衣装で『僕たちは付き合っている』、そして『二人セゾン』では、井口真緒が平手友梨奈ポジションを務め、会場がざわめく。大役を果たした井口はトークパートで感極まり涙をこぼしていた。 そして、怪我で幕張のステージに出ることが出来なかった柿崎芽実が、腕を三角巾で吊り痛々しい姿ながら、ステージに姿を見せるとファンは大歓声。柿崎は「悔しい気持ちはすごくあったんですけど、みんなのライブを見ていたらそんな気持ち忘れちゃうくらい、本当にみんなから勇気をもらって、今このステージに11人全員で出ていることがほんとに幸せです」と涙を流し、佐々木は「芽実は悔しいはずなのに、ずっとモニターを観てくれていて、心強かったし、みんなでひらがなけやきなんだなって思いました」と語った。さらに「私たちは結成して1年半が経つのですが、漢字欅さん(欅坂46)がデビューする前から募集されていました。その時は長濱ねるちゃん一人でした。最初はみなさんに受け入れられてもらえてないなと感じている中で漢字欅さんは『サイレントマジョリティー』『世界には愛しかない』と、どんどん坂を登っていく姿を見て、そんななか私たちは何もできていないまま、どうしたらいいのか、少しだけ辛い思いをしたり、すれ違ったりして。それでも応援してくださる方が増えてきました。ずっと12人でやっていて、その12人で歌った4曲は宝物だし、『永遠の白線』では、ねるちゃんの後姿を思い出したりして…その姿を思い出して頑張ろうって思ったりして。私たちはねるちゃんひとりから始まって、12人に増えて、でもまた11人になっちゃって、それで今20人になって、ねるちゃんの意志を継いで、ここで留まっていられないなって最近特に思います。まだまだ未熟な私たちですが、もっともっとカッコいい、ハッピーオーラに包まれたひらがなけやきを20人で育てていきたいと思います」とメッセージを贈った。 最後は柿崎も含め『W-KEYAKIZAKAの詩』を歌い、ファンと一体に。今年3月から6か所で開催された全国ツアー、けやき坂46メンバーには挑戦と試練の連続だったが、”ハッピーオーラ”を届けるのがモットーのひらがなけやき、みんな晴れやかな笑顔で千秋楽を終えた。