白間美瑠 北川綾巴 渋谷凪咲 朝長美桜、AKB48兼任終了に感謝の言葉
12月8日にAKB48劇場12周年特別公演が行われ、その中で3年ぶりとなる組閣が発表された。 チーム8がAKB48各チームに全員が兼任となり、岡部麟がいきなりチームAのキャプテンに就任するなど、若手を意識した組閣となったと同時に、姉妹グループ在籍でAKB48兼任で活動していた宮脇咲良(A兼任)、白間美瑠(A兼任)、兒玉遥(K兼任)、矢吹奈子(B兼任)、北川綾巴(4兼任)、渋谷凪咲(4兼任)、朝長美桜(4兼任)の兼任が解除となり、岡田奈々(STU48兼任)と柏木由紀(NIII兼任)の兼任継続組も本籍はAKB48であることで、”純AKB48”色を前面に出した異動となった。 組閣発表から1日が経ち、兼任を解かれたメンバーはそれぞれのTwitterなどでメッセージを発信した。NMB48の白間は「兼任させて頂き、沢山の先輩の背中を見て勉強し、視野を大きく広げて見ることができ、学ぶことが沢山でした。ありがとうございます!」とコメントし、チームメイトの入山杏奈、盟友渋谷との2ショットと集合写真をアップした。その渋谷は「兼任中に学ばせて頂いた事。大切な頂き物をこれからも胸に、NMB48として全力で頑張ります」とコメント。また白間との2ショット写真に「NMBからは、みるさんと2人で、ずっと兼任させて頂けて嬉しかったです☺️これからはお互いに、NMB48に全力を尽くして頑張ります✊💗へへ💗」渋谷らしく可愛く”難波愛”を改めて誓った。 SKE48から兼任で活動していた北川は「沢山大変な事あったけど勉強になったし、無駄な事など何一つありませんでした。兼任を経験できて良かった。何よりチーム4の皆が大好き。あと残りの時間。楽しもう😢🌷」と現チーム4との集合写真でファンにメッセージを贈った。そしてHKT48の朝長は「チーム4兼任解除になりました。来年春までの活動、精一杯頑張ります☺️応援よろしくお願いします💗✨今日、お誕生日の横山さんと🎉おめでとうございます㊗️」と横山由依総監督との2ショットで兼任解除を報告した。 現チームでの活動は来春までとなるが、残された時間をAKB48メンバーとして全うしてもらいたいし、それぞれのホームへ帰っても、グループ発展のためにお互い切磋琢磨して、13年目を迎えた48グループ全体のさらなる飛躍に貢献してほしい。 写真:白間美瑠(@shiromiru36)、渋谷凪咲(@_Nagisa_Shibuya)、北川綾巴(@ryoha_1009)、朝長美桜(@30_mio_0517)各公式Twitterより引用。