石原さとみ 「本当のお母さんみたい」薬師丸ひろ子と母娘役で初共演
TBSでは、来年1月12日(金)から金曜ドラマ「アンナチュラル」がスタートする(毎週金曜よる10時 初回15分拡大)。主演・石原さとみ、脚本・野木亜紀子のタッグでお届けする今作、石原をはじめ井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊といった豪華俳優陣の出演がすでに発表されているが、このたび薬師丸ひろ子の出演が決定した。 今作で薬師丸は、石原演じる“法医解剖医”三澄ミコトの母・三澄夏代を演じる。中堅の法律事務所で弁護士として働いており、離婚問題などの民事事件を担当している。竹を割ったような性格で、良かれと思ったことは即座に行動に移してしまうためミコトやミコトの弟・秋彦(小笠原海)が困惑することもしばしば!? 日本を代表する女優のひとりである薬師丸が物語にどう関わるのか、注目だ。 <薬師丸ひろ子コメント> 今回『アンナチュラル』に出演するにあたって、脚本の野木さんとの出会いがありました。この作品にかける意気込みが伝わってくる脚本、参加させて頂きたいと思いました。 撮影中、石原さんはじめ、共演者のみなさんとUDIラボのテーブルに座ると、年齢差はありますが、共通の話題で盛り上がったり、とても居心地が良くて、UDIラボってほんとにこんな場所なんじゃないかな?と、ひとつの仕事をしているチーム感というのが、伝わってきます。 演出の塚原あゆ子監督とも初めてご一緒させて頂きますが、リーダーとして統率力があって、その上気配りも欠かさない素敵な方でした。 皆さまにもじっくりテレビの前に座ってこのUDIラボを覗いてもらいたいなと思います。 <石原さとみコメント> 薬師丸さんとは初めてご一緒させて頂いたのですが、本当のお母さんみたいに柔らかくてあったかくて、 本当に優しい方です。 撮影の合間にいろいろな質問をさせて頂いたのですが、とても親身に答えてくださって、その言葉がとても刺さりました。 UDIラボでのシーンの待ち時間に趣味の話をしてくださったんですけど、意外性もあってすごく現場が 盛り上がったんですよね。女優さんとしても、一人の女性としてもとても素敵な方で、今回ご一緒させて頂いて本当にうれしいです。 (C)TBS