指原莉乃 秋元康氏に初めて相談したこと「今考えると”しょうもない”」
今年も大活躍だった指原莉乃が、意外な初体験の告白を自身の公式ツイッターで行った。 指原は、「実は今回初めて秋元さんに作詞の相談をしたの。相談内容は「冬の歌詞に『夕暮れ』というワードは変ですか?秋っぽいですか?」という今考えるとしょうもない相談😷作詞してると当たり前のことがよくわからなくなる。。」とつぶやき、秋元康氏より、「「冬にも夕暮れはありますよ」とお返事いただきました」とアドバイスを貰ったことを告白した。 今回、指原は自身がプロデュースするアイドル「=LOVE」が発売する『僕らの制服クリスマス』の楽曲を全て作詞している。 「特典も盛りだくさん。やけに長いメイキング、メイキングチームとメンバーが考えてくれた謎の胸キュン芝居。もともと収録予定はなかったんですが可愛いのでいれてもらいました 昔のAKBの特典思い出す」とその出来栄えに満足している様子だ。 「1stの時はカッコつけて秋元さんに何も聞けなかった」というが、今回のシングルではしっかりと師匠である秋元康氏に作詞の相談をし最高の作品を作り上げたようだ。作詞家としても活躍しそうな指原、今後の活躍に期待したい。