倉持由香「週プレ表紙記念大感謝祭」にグラビア盟友駆付け号泣
グラビア活動13年にして「週刊プレイボーイ50号」(11月27日発売・集英社)の初表紙を飾った、”尻職人”倉持由香。 100万人に”いいね!”をもらったら表紙に。という「週プレ」編集部の無茶ぶりをもろともせず、スタート4日で達成し、約束通り悲願の「週プレ」表紙&袋とじを叶えた。 そんなグラドル界のレジェンドとなった倉持の偉業を称えようと3日、新宿歌舞伎町の「週プレ酒場」でファンを集めて「表紙記念大感謝祭」が盛大に行われた。「週プレ酒場」イベントプロデューサー自らが主役となった本イベント。編集部からピンクドンペリが振る舞われるなど祝賀ムードは最高潮。日夜グラドル界の地位向上と発展に尽くしてきた倉持をぜひ直接会って祝福したいと、青山ひかる、菜乃花、鈴木咲、川崎あやがサプライズ登場、これまでともに歩んできた同士の祝福に人目もはばからず感激の大泣き。さらに親友の吉田早希、鈴木ふみ奈、水月桃子、吉野七宝実からはビデオメッセージが届き、感動に花を添えた。 菜乃花はTwitterで感動の現場を振り返り、「もっちーめっちゃ泣くからあ~!あたしずっともらい泣きしてた~😂笑言葉が出てこずすみませんでした💦本当にこんなに愛されてるグラドルは中々いないと思います✨おめでとうございました💓💕」ともらい泣きしたと告白すると、青山も「バタバタでしたが、お祝い出来て良かった( ゚∀゚)o彡゚本当に!!本当に!嬉しかった!!おめでとうございます🎊グラビア界を盛り上げて頂き、本当に一緒に仕事をやって楽しいし面白い!そしていつも勉強させてもらっています✨大好きです☺️❤️」と愛あふれるメッセージを贈った。 倉持は「表紙記念大感謝祭にお越しくださった皆様ありがとうございました〜〜!!!!(´;ω;`)咲ちゃんなのかっぷるあおみん、そして何と川崎あやちゃんまでサプライズで駆けつけてくれました!!!優しい方々に恵まれて私は本当に幸せ者です。ありがとうございます!!!!!」とコメント。モグラ女子、グループアイドルの隆盛の中で「週プレ」表紙にグラビアアイドルがなることの難しさをいちばん知っていた倉持。これまでの長い努力が報われた一夜だった。 これからもグラビア界を盛り上げるべく全力で走り続ける倉持の背中を、グラビアアイドル全員が押してくれるはずだ。2018年もグラビア界は輝きを放ち続ける。その光を守るのが倉持由香という”女神”にほかならない。