JUJUが「新参者」ラストに華を添える、感動の予告映像解禁
JUJUが歌う、映画「祈りの幕が下りる時」主題歌『東京』が2018年1月24日にリリースされることが発表された。 主演 阿部寛×主題歌 JUJUのタッグは、前作「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の主題歌としてリリースされた『sign』(2012/1/25発売)に続き、6年ぶりの実現となる。 JUJUのエモーショナルな歌声が、最高に泣ける本作のラストに華を添え、珠玉のバラードが彩る、感動の最新予告映像も本日より解禁となる。 2010年4月に連続ドラマとしてスタートし、阿部寛演じる日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すサスペンス要素と、様々な人との触れ合いを通して謎を解明していくヒューマンドラマ要素が話題となった東野圭吾原作の「新参者」。 その後、2本のスペシャルドラマ「赤い指」「眠りの森」が製作され、2012年1月28日には「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」(興行収入16.8億円)が公開されるなど人気シリーズとなった。 しかし、これまで加賀の類稀なる推理力で様々な事件が解決されているものの、未だ明かされていない謎――加賀恭一郎の母は何故息子を残し失踪したのか? 日本橋に留まる理由とは?加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか―。 これまでの作品で何度も触れられていながらも解き明かされなかった“最大の謎”が、映画「祈りの幕が下りる時」で遂に明らかになる。