グラビア2年振り 久松かおり「22歳になったので」セクシーアピール
2013年11月に結成されたアイドルユニット「サンミニッツ」(2015年にサンミニと改名)で、解散した今年7月まで中心メンバーとして活躍していた久松かおり。 グラビアも積極的で、2015年には「日テレジェニック2015」に選ばれてグラビアファンから注目を集めた。そんな彼女が1年9カ月振りとなるブルーレイ&DVD『かおりいろ』(イーネット・フロンティア)をリリース。その発売記念イベントが3日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、久し振りのイベント登場に男性の視線を独占した。 「イベントのために、今日買ってきました。出来るだけイベントの時は、持っている水着と被りたくないので。三角のフリフリがメチャクチャ可愛いし、試着しておっぱいの形が良く見えるのでこの水着を買っちゃいました♪」とこの日のために購入したという水着姿で登場した久松。上からB90・W61・H86という引き締まったボディーに、形の良いFカップバストは相変わらず魅力的で、表情もどことなく大人っぽくなったようだ。そんな彼女の最新作は、9月に海外ロケとなるバリ島でロケを敢行。家庭教師となった久松が生徒を誘惑するというストーリー仕立てとなっている。 グラビア作品は久し振りのリリースとなった久松だが、「今までのDVDは明るい雰囲気で自分にも合っていましたが。今回はその明るさがあるものの、22歳にもなったので大人っぽさもあると思います」と成長した久松の姿が見られるとか。具体的なシーンとしては「海辺で走っているシーンやチューブトップの水着を着たお風呂のシーンが気に入っています。それに私はダンスをしていたので、今回もダンスのシーンを入れてもらいました。そのシーンはビスチェの水着を着てセクシーに踊っていますよ」と説明。 見どころを「ビーチで着た黄色のビキニやダンスをしたビスチェのシーンは、すごい大人っぽくなっています」と挙げつつ、ブルーレイにしか収録されていない特典映像が特にセクシーだといい、「ニットを着たシーンは、ブルーレイにしか入っていません。この撮影ではパッと手を開いたら身体のラインが分かるので、セクシーに仕上がっていると思います。こういうニットは初めて挑戦しました。ニットの下はご想像にお任せ(笑)。想像通りだと思いますけどね(笑)」と茶目っ気たっぷりで明かしていた。 「サンミニ」解散後に同DVDのロケに臨み、グラビア活動は約2年振りとなった久松。「グラビアのお仕事はずっと前から好きでした。現場も楽しいし、今回のイベントもすごく楽しみにしていました。やっぱりグラビアのお仕事が改めて好きだって思いましたね」とグラビアの仕事に対する情熱を再確認したようで、「今後も色んなお仕事に挑戦していきたいです。グラビアからちょっと離れていましたが、皆さんに注目してもらえたらと思います」とファンにアピールするなど、グラビア活動に意欲を見せていた。