グラビア界最終兵器 日比美思のドリームカップが眩しすぎる
初登場×初表紙×初水着。現役若手「女優最高のカラダ」「ハーフアップの女神」「白すぎる恋人」が鮮烈なグラビアデビューを飾る。 その女優は『咲 -Saki- 阿知賀編 episode of side A』に出演中の日比美思(ひび みこと)。元Dream5メンバーの19歳である。 ”エイベックスのグラビア担当が温め続けてきた最終兵器”といっても過言ではない完璧なボディは、週プレ本誌へ初登場にして初表紙を飾るにふさわしい圧倒的な存在感。 今回、明日発売される週刊プレイボーイに先んじてグラビアビジュアルが公開され、大反響を呼んでいる。 「美白過ぎる。透き通り過ぎてもはや透明か。」「白すぎる恋人ってネームがはまりすぎてる」「胸、こんなにあったんだ!!!すごい。。。」と、WEB上には続々とコメントが寄せられた。 初めてスチールで見せた、初々しく、かつ豊かな表情にも注目。初めてのグラビア挑戦に日比美思は「雑誌に載せていただくことが本当に信じられなくて嬉しくて、その中には初めてだからこその戸惑いもありました。肩幅が大きくて背が高くて、男性のような体型なのに女の子である自分があまり好きになれない頃もあったし、なによりグラビアの経験が全くないので、私のような者が……と、本当に最初は自信がなかったです。でも、こんな私でよければ全力で精一杯やります、やらせていただきます、という想いが強かったです!撮影中は可愛い水着を沢山着ました。スクール水着と中学生の時に買った水着の二着しか持っていない私は、水着で写真を撮ること自体、すごく新鮮でした!」と初々しくコメントした。 日比美思は、Dream5の活動休止後、「マジで航海してます。」「僕たちがやりました」「青い鳥なんて」「花にけだもの」と立て続けにドラマにも出演。3日(日)からはMBSドラマ「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」にも出演する。女優業も見逃せないドリームカップのナイスバディと、透明感を超えたもはや透明の白すぎる肌を武器に躍進が期待される日比美思に注目だ。 ⓒ熊谷貫/週刊プレイボーイ