NMB48担う美少女太田夢莉 最新グラビアで魅せる透明感にドキッ
NMB48の次世代エースの呼び声が高い”ゆーり”こと太田夢莉が、今最も輝いてる美女をクローズアップする「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ]vol.2」(光文社)に初登場、セクシーなバンドゥビキニなど水着姿も眩しい、17歳のフレッシュなグラビアを披露している。 ―12月でNMB48 3期生として加入してから6年になりますが、入ったばかりのころを思い出して比べると、やっぱり成長したなって感じます? 昔から私を見てくださってるファンの方にはよく「すごく成長したね」って言ってもらえるし、自分でも変わったと思う部分はあるんですけど、根っこの性格の部分は小学生からまったく変わってないです。こう、なんか、ちょっと冷めたところとか、世の中が大嫌いなところとか(笑)。 ―ものすごい小学生ですね(笑)。 あはは。なんというか、人間が好きじゃなかったんですよね。まず人と話すことが苦手だったっていうのもあって、まわりを行き交う人々を見てるのもイヤで、で、だんだん達観しはじめて、小学生なのにもう冷めきった目をしてたと思います。もちろん、友達はちゃんといましたけどね。 ―根っこのそういう部分は、6年たっても全然変わってないと。 そうですね。でも、NMB48に入るときにお母さんから「12歳なんだからもっと子供らしくしたほうがいい」って言われたのと、当時は前島亜美さん(元SUPER☆GiRLS)に憧れてアイドルになりたいと思ったこともあって、最初は「キャピキャピ系でいこう」と頑張ったんです。ただ、それも一瞬で終わっちゃいました…。 インタビューの全貌、その他のグラビアは「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.2」でチェック!クリックで購入へ