九州発イケメングループ九星隊「イモトのWiFi」新CMキャラクターに決定
ご当地アイドル育成バラエティー「バリすご8」(テレビ西日本TNC・毎週日曜日0:30~1:00)内で、応募総数2188名からオーディションにより選ばれた、山口 託矢(やまぐち たくや)、大池 瑞樹(おおいけ みずき)、中村 昌樹(なかむら まさき)、藪 佑介(やぶ ゆうすけ)の4名によるボーイズアイドルグループ・九星隊(ナインスターズ/略称:ナイスタ)が、エクスコムグローバル株式会社の“海外行くなら…”のキャッチフレーズでお馴染みの看板商品「イモトのWiFi」の新CMキャラクターとして出演する。12月16日(土)より、福岡県内でのエリア限定放映を予定している。 現在全国放映中の同CMには、同じ事務所の先輩にあたる東海地区発のアイドルグループ・MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス/通称 マジプリ)が出演中。海外の鮮やかな景観をバックに、「イモトのWiFi」を使用してメンバー同士でコミュニケーションを取り合う姿が印象的なシリーズを、今回のCMでは弟分であるナイスタが実現。彼らが訪れたのは、活動拠点である九州からもほど近いお隣の国・韓国。 4人がそれぞれソウルの街や景福宮など韓国の有名な観光名所を巡り、「イモトのWiFi」を利用して各地の写真をSNSに投稿していく。最後には、幻想的な雰囲気のある水原華城に全員が集合し、白いスーツ姿で爽やかに走り抜ける。 CMソングは、来年1月9日発売予定のナイスタの記念すべき1stシングル『FLASH』。1作目のタイアップがグループ初・本人出演のテレビCMに決まり、メジャーデビュー前からパワープレイが期待されるこの曲。フレッシュなナイスタらしい爽快感溢れるアッパーなダンスチューンで、映像に彩りを添える。九州から全国に向けて、徐々に知名度を広めつつあるナイスタ。これから4人が見せる新しい表情を是非お見逃しなく。