乃木坂46 3期生吉田綾乃クリスティー、ふんわりおねえさんの休日
今最も輝いてる美女をクローズアップする「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ]vol.2」(光文社)では、乃木坂46 3期生の最年長、ふんわりキャラのマイペースお姉さん、吉田綾乃クリスティーが過ごす、まったり休日なグラビアが登場している。 乃木坂46に入るために九州から上京、憧れの地で今を生きる彼女を撮った。 ―3期生のなかでは最年長ですね。 はい。最初はみんなのまとめ役になろうと思ってはいたんですけど、レッスンが始まってから、これは無理だなと諦めました。梅澤美波がまとめてくれるので、私は自由にやらせてもらっています。 ―10月、3期生は『見殺し姫』という舞台に挑戦しました。完成度の高さに驚きましたが、いかがでしたか? メンバーの性格や雰囲気に合った役をいただいたので、そこは助かりました。体調を崩してしまうコが何人かいたんですけど、ひとりでも稽古を休んでしまうと稽古にならなくなってしまうので、責任感が強くなりました。私も風邪をひいてしまったけど、穴だけはあけないようにしました。 ―拝見した回では、誰ひとりとしてセリフを噛むこともなく完遂したように見えました。 みんなに言えることなんですけど、演技に対する意識が高くなりました。生駒(里奈)さんが本番を観に来てくださったんですけど、「最後の死に方をちょっと変えるだけで、観ている人をもっと感動させられるよ」ってアドバイスをいただいて。その翌日、違う死に方してみたんです。そしたら、共演者の方に「今日の死に方、よかったね」って褒められて。 インタビューの全貌、その他のグラビアは「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.2」でチェック!クリックで購入へ