AKB48 アジア最大級の音楽授賞式でパフォーマンス、日韓大型プロジェクトも明らかに
11月29日に横浜アリーナで開催されたアジア最大級の音楽授賞式「2017 MAMA in Japan」にて、AKB48が初めての出演を果たし、韓国のガールズグループとコラボレーション。そして2017MAMA「Inspired Achivement賞」を受賞した秋元康氏もステージに登壇し、韓国ナンバーワン音楽チャンネル・Mnetよりプロデュースの依頼をされたMnet2018大型プロジェクト「PRODUCE48」がティザー映像により発表された。 「PRODUCE48」は、「国民自らがアイドルデビューメンバーを選抜する」PRODUCE101 のシステムと、日本最高のプロデューサーである秋元康氏の「会いにいけるアイドル」をコンセプトに専用劇場で毎日ライブを行う「AKB48」のシステムとがコラボしたプロジェクト。Mnetはこのプロジェクトを推進するため、秋元康氏に協力を依頼。それにより両国でのグローバルガールズグループが「PRODUCE48」を通じて誕生する予定だ。Mnetはティーザー公開後、日韓両国の視聴者と音楽ファンに未知の体験をしてもらうため、秋元康氏の力を借り本格的な番組の準備に入る。 「PRODUCE48」は「2017 MAMA in Japan」の会場に集まった観客は勿論、TVとオンラインを通じて視聴している全世界の視聴者に対して、ティーザー映像によって披露された。AKB48はPRODUCE101シーズン1テーマ曲『PICK ME』、『ヘビーローテーション』『恋するフォーチュンクッキー』を披露。Mnet「PRODUCE101 シーズン 1」の I.O.I 出身メンバーたちとコラボしたパフォーマンスを行い、AKB48の生みの親である秋元康・総合プロデューサーがInspired Achievement賞を受賞した直後、その映像は突如流された。映像ではタイトルと「2018 Coming Soon」という文字だけであったが、期待に満ちた観客のエールが横浜アリーナの会場全体を包み込んだ。 Mnet「PRODUCE48」は2018年中には放送され、秋元康氏の卓越したプロデュース能力によるAKB48とMnetの代表的なアイドル選抜番組 PRODUCE101 のシステムコラボによって、前代未聞のスケールの番組となることが期待される。 ⓒAKS